特集
カテゴリー
タグ
メディア

ランニングの上達に欠かせない3つのステップ

ランニングの上達に欠かせない3つのステップ
Image: Maridav/Shutterstock.com

休息日は重要ですが、ランニングにはどのぐらい重要なのでしょうか?

初心者向けプログラムの多くは、週3日のランニングからスタートします。「次のランニング」が待ちきれなければ、もちろんもっと走っても良いのですが、いくつか注意点があります。

1. ランニングスケジュールに従う

肝心なのは、少しずつ体を慣らしていくことです。

この点を忘れないようにしましょう。初心者によく見られるケガのほとんどは、体が慣れている以上に走ってしまうことで起こります。週3日のランニングを始めたばかりなら、しばらくはそのスケジュールを守りましょう。

2. 慣れてきたら、1日増やす

でもそれ以降は、走る回数を増やしても大丈夫です。次は週4日。その次は週5日、週6日という具合に、自由にランニング日を増やしていきましょう。ただし、1度に1日ずつです。

3. 距離を目標にして毎週10%ずつ増やす

体が十分に慣れたところで、次のステップに進みましょう。ベテランのプロランナーはしばしば、道路やトラックを1日に2回走って、目標距離をこなします。体を慣らしていれば、それだけ走っても大丈夫なのです。

1週間に走る距離をトータルで考えるのもいいでしょう。

たとえば、先週走った距離がトータルで10マイル(約16km)なら、翌週は12マイル(約19km)に増やしてもいいでしょう。

ただし、いきなり20マイル(約32km)に増やすのはダメです。毎週10%ずつ増やしていくのが一般的ですが、それを厳密に守る必要はありません。柔軟に調整しましょう。

あわせて読みたい

マラソン大会当日に、自分の力を100%発揮する準備のコツ6つ

メリットたくさん、トレイルランニングって何?


Image: Maridav/Shutterstock.com

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next