特集
カテゴリー
タグ
メディア

オーブンで完璧なカリカリベーコンを焼くコツ

オーブンで完璧なカリカリベーコンを焼くコツ
Image: farbled/Shutterstock.com

ベーコンはどんな方法で調理してもおいしいものですが、オーブンで焼くのが一番簡単です。油が飛び散ることもなく、焼きあがるまで目を離せないということもありません。

また、オーブンがゆっくりと均一に加熱するので、ベーコン1枚1枚が程よい塩加減で完璧にカリカリになります。

この場合、オーブンを予熱する必要はありません。むしろ予熱しないほうがいいでしょう。

オーブンでベーコンを焼く手順

フライパンで焼くときと同じで、オーブンで焼くときも予熱なしで焼き始めたほうがうまく焼けます。

オーブンが熱くなるに従って、ベーコンから脂がゆっくりとしみ出て、薄くカリカリの仕上がりになりますし、フライパンで焼くより火の通りが均一になります(さらに、オーブンの予熱時間も節約できます)。

  1. ワイヤーラックを縁のあるオーブン皿にセットして、その上にベーコンを並べ、冷たいオーブンに入れます。
  2. 温度を375℉(約190℃)に設定したら、約20分後に焼き加減をチェックするまで放置しても大丈夫。
  3. 好みのカリカリ度になるまで焼けたら、オーブンからオーブン皿ごとベーコンを取り出して皿に盛りつけます。ベーコンから出た脂は油壷に入れておきましょう。

さあ、これで完成です。完璧なカリカリベーコンを好きなだけ召し上がれ。

あわせて読みたい

朝食用カリカリベーコンを作るコツ

朝食用ベーコンの焼き方5選|もっともカリカリに焼ける方法はどれ?


Image: farbled/Shutterstock.com

Jason Fitzpatrick / Claire Lower – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next