特集
カテゴリー
タグ
メディア

掃除もサブスクする時代。ついにルンバのサブスクリプションサービスが開始!

掃除もサブスクする時代。ついにルンバのサブスクリプションサービスが開始!

一家に一台がもはやスタンダードになりつつあるロボット掃除機。

外出中に掃除をやっておいてくれる幸せは、二度と手放せない魔力があります。

そしてあの「Roomba」がついにサブスクリプションサービスRobot Smart Plan」を開始しました。

選べるラインナップ

ルンバサブスク比較
iRobot Japan公式ホームページよりキャプチャ

今回サービスが始まったのは、最上位モデルの「Roomba i7+」、ミドルクラスの「Roomba 980」、スタンダードモデルの「Roomba 641」の三種類。

それぞれ月額料金が異なり、1200円/月〜となっています。

最低利用期間も12ヵ月に設定されており(解約は13ヵ月目から可能)、サブスクの中ではかなり良心的。

一年間は無料の修理補償(ユーザー過失)が付いているので、万が一踏んづけてしまった際も安心です。通常の故障などは三年間補償対象です。

とりあえず使ってみたい!に応えてくれそう

roomba641_hero_low
iRobot Japan

これまでロボット掃除機を使ったことがなく、とりあえず使ってみたい!という方は「641」を、買い替えを検討している方は上位モデルを使ってみるのが良さそう。

最上位モデルの「Roomba i7+」は曜日や時間を設定しておけるスケジュール機能や、部屋のゴミが溜まりやすい場所を自動で学習するマッピング機能、充電ドックと一体化した自動ごみ収集機能(クリーンベース)などが備わっており、これ一台で一切の床掃除から解放されそう。

ただし、この最上位モデルはお値段もなかなかのもの。公式ストアで129880円(税抜)〜となっており、いきなり購入するのはためらわれる方も多いでしょう。でも月々4000円弱と考えれば、手が出せそうです。家事代行サービスよりは安いですし。

ちなみに契約最大期間は三年間で、三年経つと所有権がユーザーに移ります。まずは一年使ってみて、気に入ればそのまま使い続けて買い取る、という使い方もできます。

ブラーバもやってくれないかな…

ロボット掃除機は安くなってきたとはいえ、まだまだそれなりのお値段するため、気軽に試せるサブスクリプションサービスはかなりニーズありそうです。

個人的には床拭き掃除ロボットの「Braava」でも、サブスクサービスをやってくれないかと期待しています。床に汚れがつきがちで、どうしても拭き掃除が必要な台所などで重宝しそう。

今後の展開にも期待大です。

あわせて読みたい

片付けのプロが教える、整理整頓できるようになる13の秘訣

最新型ロボット掃除機「ルンバi7+」で床掃除の自動化が叶うのか?

こんまりメソッドで出た「ときめかない」アイテムの処分方法


Image: iRobot Japan

Source: iRobot Japan

ライフハッカー[日本版]編集部

swiper-button-prev
swiper-button-next