連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

カードも鍵もしっかり固定。イタリアンレザーを使用した薄型キーケース「Speed Key」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
カードも鍵もしっかり固定。イタリアンレザーを使用した薄型キーケース「Speed Key」を使ってみた
Photo: 島津健吾

ポケットの中身をほじくりかえすように、自宅の鍵を探す。そんなことが、月に何回か実際に起きています。結局は、どこかのポケットに入っているわけですが、探している間は不安でいっぱい。

鍵もカードも、貴重品は一緒に管理できるケースがあるといいのですが…。

そんなときに見つけたのが、machi-yaでクラウドファンディングをしているキーケース「Speed Key」

キーケースとしては新しいカードケースタイプ

DSC03367
Photo: 島津健吾

「Speed Key」は、キーケースとしては珍しいカードケースタイプ。iPhone SEほどのサイズで、手のひらに馴染むイタリアンレザーを使用。鍵を8つに加え、カードやお札も収納できるマルチタイプのキーケースです。

よくあるキーケースは、鍵だけに特化していますが、これなら鍵もお金も、カードも管理できて、持ち物をレス化したい人にはうってつけのプロダクト。待ちに待ったって感じがします。

DSC03373
Photo: 島津健吾

カードサイズでポケットにもすっぽり。このサイズならポケットに入れても一発で見つけられます。それでいて大きすぎないので、スーツのポケットにもこの通りスルスルっと。

レザーを使った高級感ある見た目もあって、ビジネスシーンでも使えるキーケースです。

鍵の装着方法

DSC03358
Photo: 島津健吾

では、鍵はどこに入れるのかご紹介しましょう。まずキーケースを固定しているボルトを緩めます。これは爪でクリクリっと回したら、取り外すことができました。

DSC03362
Photo: 島津健吾

ボルトを外すと、鍵穴が。ここに鍵を置いて、あとはボルトを戻すだけです。たったこれだけで、鍵の装着ができる上に、ボルトなので知らぬ間に外れているなんてこともナシ。

ひとつのボルトに2本は鍵が入りそうでした。四角あるので、全部で8本の鍵が入るということですね。

DSC03381
Photo: 島津健吾

鍵を収納した様子はすごくおしゃれ。鍵のギザギザが少し見えるデザインが結構気に入りました。

DSC03366
Photo: 島津健吾

鍵の出し入れは、指で鍵を押出すだけでOK。くるっと内側から鍵が出てくるので、そのまま鍵穴に差し込みましょう。

使い終わったら、ケースの中に指で押し込むだけ。

detail_5776_1542511957
Image: machi-ya

鍵の出し入れがとてもスマートだし、なおかつ先端がケースの中にしまわれるので、スマホの画面を傷つけたり、ポケットを破ったりすることもなし。すごく考えられている設計だなと感じました。

カードとお札をスリムに収納

DSC03395
Photo: 島津健吾

カードやお札を入れるスペースはひとつ。とっても薄いスペースになるので、カードは1〜3枚程度、お札も数枚がよろしいかと。レザーなので無理やり入れればそれはそれで入るんですが、見た目がパンパンになってしまうかなと。

せっかくイタリアンレザーを使ったスマートな見た目なので、よく持ち運びカードを1枚入れておくのがいいと思いますよ。

DSC03385
Photo: 島津健吾

鍵も、カードも、紙幣もイタリアンレザーのケースの中でしっかり固定し、スリムに収納できるSpeed Keyは、現在machi-yaでクラウドファンディング中。最初の30名まで、25%オフの8,120円で支援できます。

今回使用したカラーはウルトラネイビーでしたが、そのほかにも、ブラックやバーガンディ、グレー、グリーン、モカ、レッド、ターコイズ、タンの全部で9種類もあります。

最高級イタリアンレザー使用のオールハンドメイドミニマムウォレットも、同じくクラウドファンディングをしています。合わせてチェックしてみてくださいね。

>>「Speed Key」の支援はこちら

Photo: 島津健吾

Image: machi-ya

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next