特集
カテゴリー
タグ
メディア

「やることリスト」を作っておけば、ぽっと空いた自分時間も有意義に過ごせる

「やることリスト」を作っておけば、ぽっと空いた自分時間も有意義に過ごせる

働いて、働いて、働いて、数週間、いや数カ月休みがないような気分になっているかもしれません。

そして、出し抜けに、ぽっこりと休みができます。

休みは突然やってくる

ご近所さんが子どもを映画に連れていってくれると言ったり、午前中の予定がキャンセルになったり、店長が今日は店を早じまいすると決めたりすることがあります。

最初は、すごくうれしくて興奮します。

でも、それから「この予想もしなかった自由時間で、一体何をすればいいのだろう?」とうろたえます。

神経質になり、近くにあるいい温泉スパ、まとめて見られるNetflixのシリーズ、30分前後で行けるハイキングスポットなどをGoogleで調べはじめます。

あまりにも早急に決断すると、やる意味がないようなものだとわかった時には、休みが終わります。

自由時間への準備:やることリストを作る

次回は、突然予想外の自由時間ができたらやることリストが必要です。

これは、整理整頓コンサルタントJulie Morgensternの本、「Time to Parent」で最初に読んだアイデアです。

滅多にできない楽しいことや活動を短いリストとして書き出し、急に自由時間ができたら(そういうことはあります!)、このリストの中から選んでやりましょう。

所要時間にあわせて作る

所要時間によってリストを分けておくと便利です。

15分だけ時間ができたら何がしたいですか?

30分、もしくは2時間、はたまた半日だったら、何がしたいですか?

リストは具体的に作る

自由時間にやりたいことを思い浮かべるには、できるだけ具体的に考えた方がいいのです。

「買い物に行く」ではなく、「(具体的な名前をあげて)中古レコード屋をチェックする」と書きましょう。

「自分をいたわる」ではなく、「予約なしで入れる指圧マッサージに行く」と書きましょう。

すぐできることを書く

大事なのは、すぐにできることを書くこと。

せっかくの自由時間ですから、無駄にしたくはないですよね。


あわせて読みたい

とにかく忙しい人が自由時間を捻出する7つの戦略

変則的なスケジュールで働いていてもプライベートを充実させる時間調整術

Image: Lifehacker US

Michelle Woo - Lifehacker US[原文:Seize Your Free Time With a 'Sudden Opportunity List'

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next