特集
カテゴリー
タグ
メディア

世界初、本が通貨になるホステルが町田の駅近に誕生。本好きが行きたくなる魅力とは

世界初、本が通貨になるホステルが町田の駅近に誕生。本好きが行きたくなる魅力とは
Photo: 鈴木拓也

町田駅を出て徒歩数分。イラストレーターのKensuke Takahashi氏の描いた巨大なアートウォールがある建物は、1階がカフェ、2・3階が宿泊施設となっています。

この建物の名は、「LIBRARY & HOSTEL 武相庵ぶそうあん」(以下「武相庵」)。町田市の中心街に2018年12月にオープンしたホステルです。

LIBRARY & HOSTEL 武相庵(ぶそうあん)外観
Photo: 鈴木拓也

このホステルの1番の特長は、本好きなら心惹かれる要素がたくさんあること。読書家の多いライフハッカー[日本版]の読者なら、注目したくなるに違いありません。

そこで、今回は「武相庵」に赴き、その魅力をお伝えしたいと思います。

1階はボードゲームも楽しめるブックカフェ

「武相庵」の1階は、ブックカフェ。エントランスを入ると、右手はカウンター席、左手はテーブル席となっています。

LIBRARY & HOSTEL 武相庵のカフェスペース壁の本棚
カフェスペースの壁にしつらえた本棚には、たくさんの本が並ぶ
Photo: 鈴木拓也

テーブル席の壁には一面本が並んでいます

案内をしてくれたスタッフの方は、「1階にある蔵書は、主に地元の老舗古書店からの寄贈です。くわえて、アート関連の本は、町田版画美術館からの寄贈が多いですね。もちろん、来店された方は、手にとって自由に読むことができます」と話します。

190504busoan_3
無料で遊べるボードゲームが置かれ、レアなクラフトビールも注文できる
Photo: 鈴木拓也

またブックカフェとはいえ、本で埋めつくされているわけではなく、何種類ものボードゲームも常備されていて、無料で遊べます。

さらにボードゲームの棚の横には、近隣都市の相模原や海老名などで造られたクラフトビールがあり、注文できます。

2階の宿泊スペースも本がいっぱい

カフェの上の2階と3階は、宿泊スペース。階段で2階に上がると、2段ベッドのドミトリータイプのフロアになります。

190504busoan_4
“ポジティブになれる本”が置かれた2階のドミトリー
Photo: 鈴木拓也

ここにも、棚にはさまざまな本が陳列されています。この階にある本も、地元書店がセレクトした書籍だそうです。

スタッフの方によれば、「本選びの方針は“ポジティブになれる本”」とのこと。

190504busoan_5
カプセルルームより断然落ち着ける、木の素材に囲まれたベッド
Photo: 鈴木拓也

ベッドで読みながら寝落ちすれば、ポジティブな夢を見られそうな内容の本が揃っています。

190504busoan_6
より広い空間のとられたコンパクトルームの一室
Photo: 鈴木拓也

ドミトリーの奥の方に歩いていくと、「コンパクトルーム」と呼ぶ部屋が数室あります。

パーソナルスペースをもっと確保したい人は、こちらを利用するとよさそう。

3階は共用スペースもある個室

3階は、個室が占めます。客室はシングルとツインがあり、こちらも木製の家具を多用して、リラックスできる雰囲気を演出(シャワー、トイレは共用)。

190504busoan_8
3階の共有スペースの上の棚にも本が置かれている
Photo: 鈴木拓也

座って本を読める共用スペースもあり、ここにも上の棚に本が並んでいます。

『サザエさん』の原作漫画から、町田市とゆかりのある白洲次郎に関する書籍まで、バラエティーに富んでいます。

本が「通貨」になる世界初の試み

「武相庵」は、町田市では初のホステルとなりますが、ここは「本が通貨になる世界初のライブラリーホステル」でもあります。

具体的には、「本を3冊寄贈してくれた方にはコーヒー1杯が無料5冊寄贈してくれた方にはホステルの宿泊料金が20%オフになる」というシステムが導入されています。

190504busoan_9
本3冊の提供でコーヒー1杯が無料に、5冊の提供で宿泊費が20%オフに
Photo: 鈴木拓也

ただ、提供できる本には「読むとワクワクしポジティブになれる内容で状態が良いもの」という条件があります。

オープン以来、利用者から提供された数は50冊くらいだそう。

宿泊を通して街を良く思ってほしい

町田初のホステル開業のきっかけについて、スタッフの方は以下のようにおっしゃっていました。

立ち上げのメンバーは、本はもとより旅好きの人が多くて、旅で訪れた街の印象は泊まった所に影響されることを知っていました。そこで、町田に出張・行楽で来た人に、この街のイメージを良くしてもらいたいという想いがあったからです。

町田は、湘南に近く、都心にも近いというアクセスの利便性があり、地方からの旅行者にとって穴場的なところ。

旅行も好きで本も好きという方は、訪れてみてはいかがでしょうか。

LIBRARY & HOSTEL 武相庵

所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田4-10-12

URL:http://www.busoan.com/

TEL:042-860-7817

アクセス:JR町田駅(北口)から徒歩4分 、小田急線町田駅(東口)から徒歩8分

宿泊料金(1泊税込み):ドミトリーは2800円、コンパクトルームはシングルが4200円~、ツインが4800円~、3階客室はシングルが5800円、ツインが6800円(1名利用)~、または9800円(2名利用)

あわせて読みたい

町工場・蒲田の魅力が体感できるホテルがオープン。下町の職人魂と技術が奏でる美

ホテル滞在中に、心からリラックスする方法


Photo: 鈴木拓也

Source: LIBRARY & HOSTEL 武相庵

Reference: Wikipedia

鈴木拓也

swiper-button-prev
swiper-button-next