連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

4枚のパネルライトが合体したランタン。個別に使えて置くも携帯も吊り下げも可能【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
4枚のパネルライトが合体したランタン。個別に使えて置くも携帯も吊り下げも可能【今日のライフハックツール】
Image: Amazon.com

昼間のバーベキューやハンモックもいいですが、キャンプの醍醐味はやはり。都会の喧騒から離れ、自然の中でゆったりと過ごす時間は格別です。

そんなキャンプの夜でおなじみのランタンは、リラクゼーションのためだけでなく、使い勝手が良いことが求められます。

団らんするメインの場所は照らしておきたいけど、トイレに行くときやモノを探すときなど、ライトを携帯したいシーンはあるものです。

Colemanの『Multi-Panel LED Lantern』は、4つのパネル型ライトが合体したランタン。パネルライトはそれぞれ個別に使えるので、キャンプで必要な照明も懐中電灯も、スッキリ1つで間に合います。

フレキシブルに使えるパネル型ライト

「Multi-Panel LED Lantern」をテーブルに置いたところ
Image: Amazon.com

本体にもライトはついていますが、4枚のマグネット式のパネル型ライトはパカっと取り外せるので、そのまま個人用のライトになります。スマホ程度のサイズと軽さなので、携帯も楽。

テント内で家族や仲間とトランプを楽しんでいる最中、トイレに行くのに1枚失敬しても、ゲームの進行を邪魔することもなさそう。

炊事場からテントに忘れ物を取りに戻りたいというときも、さっと取り外して携帯できますね。

立てたり、吊り下げたりもできる

「Multi-Panel LED Lantern」のパネル型ライト部分
Image: Amazon.com

パネルにはスタンドがついており、自立可能です。また、カラビナやフックで吊り下げておけます。これもトイレに行くときなどに便利な点。

置いたりぶら下げたりして目印にするのもいいですし、リュックにくくりつければ、ハンズフリーでナイトハイクもできますね。

寝るときにはそれぞれの人が持っておけば、夜間目が覚めてしまったときも安心だと思います。

点灯の持続は最大20時間

「Multi-Panel LED Lantern」でスマホに充電ができる
Image: Amazon.com

Amazon.comによると、ライトの持続時間は最大20時間。パネル単体でも3時間ほどもつとのこと。

照明のために貴重なスマホの電力を消費しなくても済みますし、USBポート搭載なので充電もできます。

災害時の備えにも

「Multi-Panel LED Lantern」を側に置いたバーベキュー
Image: Amazon

防水性能もIPX4と小雨や朝つゆ程度なら問題なさそう。

レジャーなどで使うとき以外は、単1乾電池8本とセットで保管しておけば、非常時にも活躍してくれると思います。

『Multi-Panel LED Lantern』はAmazon.comで購入でき、価格は70.44ドル(約7700円)+ 送料12.01ドル(約1300円)となっています。

なお、Amazon.co.jpでも取り扱いがあります。

なお、もっとコンパクトなものが良い場合は、パネル型ライトが2枚3枚のタイプもありますよ。

あわせて読みたい

折り紙みたいに畳めるランタンは、電源いらず・軽い・コンパクト【今日のライフハックツール】

準備は10分なのに効果は約7時間。使っている間にぬるくならない冷却スカーフ【今日のライフハックツール・ベスト】


Image: Amazon.com

Source: Amazon.com

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next