連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

この夏、海やプールで溺れている人に気づき安全に助ける方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
この夏、海やプールで溺れている人に気づき安全に助ける方法
Image: ChameleonsEye/Shutterstock.com

おぼれている人なんて、見ればすぐわかると思ってませんか?

浮上しようと手足をバタバタさせながら、助けを呼んでいる……そんな姿を想像するかもしれません。

でも、それはテレビの見過ぎ。現実とは異なります。

溺れている人は静か

本当におぼれている人は静かにおぼれているので、発見が難しいのです。

あまりにも穏やかなため、子どもの溺死の半数は保護者の23メートル以内で発生しています。しかも、10%は保護者が見ているときに起こっているというから驚きです。

Lifeguard Rescueという団体は、おぼれている姿のリアルを広く知らしめるため、「Spot the Drowning」というビデオシリーズを公開しています。

これは、実際のレスキューシーンを収めた動画です。

あなたは、ライフガードが飛び込む前に、おぼれているスイマーを見つけられますか?

すぐに見つかることもありますが、まったくわからないケースもあると思います。

溺れている人を見つけるためのポイントは?

溺死事故予防の専門家John R. Fletemeyer氏は、Aquatics Internationalの記事において、おぼれている人は「腕を上下に、脚を前後に速く動かしている」ことが多いと述べています。

ライフガードの間では、この動きを「ハシゴ上り」と呼ぶのだとか。

その後、過呼吸に陥り、頭が沈んでいきます。こちらの記事では、おぼれているその他のサインを一覧にしています。

親が目を離した一瞬で溺れる

Video: Lifeguard Rescue/YouTube

上の動画についてのLifeguard Rescueの解説

このようなシナリオが、世界中のプールで幾度となく繰り返されています。保護者が子どもから目を離した瞬間、危険が訪れるのです。

この動画の最後では、レスキューされた子どもの親が、ハシゴのすぐ近くにいたことがわかるでしょう。

一見泳げているようには見える

Video: Lifeguard Rescue/YouTube

上の動画についてのLifeguard Rescueの解説

この子どもは、浮き輪を置いて浅いほうへと泳ぎだします。その後すぐに、身体が垂直になり、おぼれ始めます。

懸命に手で水を押し、口と鼻が水上に出るようにしますが、それも長くは続きません。

暴れているけど声が出ていない

Video: Lifeguard Rescue/YouTube

上の動画についてのLifeguard Rescueの解説

「おぼれている人は助けを呼ぶことができない」ことが、非常によくわかる動画です。

この子は何とかライフガードに気づいてもらおうとしますが、声を出すことができません。このように、多くの溺死が気づかないところで発生しているのです。

溺れている人を見つけた時の対策「飛び込むな、ビート板を投げろ」

Lifeguard RescueのFacebookページによると、これら動画の目的はライフガード養成ではなく、「泳ぎが得意でない人から目を離さないことの重要性を広める」ことにあります。

ですから、おぼれている人を見つけても飛び込まないでください。U.S. Swim School Association(USSSA)は「throw, don't go」というメッセージを掲げています。

つまり、自ら向かうのではなく、ビート板やビーチボールなどを投げるのがいいそうです。さらに、救急車を呼ぶか、誰かに頼んで呼んでもらいましょう。

飛び込むしかない状況なら、背後から近づくこと。前から近づくと、抱きつかれてあなたも一緒に沈んでしまいますよ。

あわせて読みたい

過保護な親が勘違いしている、「危険とリスク」の違い

溺れている人を助けるために「20秒以内で」服を脱ぐ方法


Image: ChameleonsEye/Shutterstock.com

Source: YouTube(1, 2, 3), Health Care, Aquatics, U.S. Swim School Association

Michelle Woo - Lifehacker US[原文

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next