連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

なぜ、片づけは幸せを呼ぶ? 整理整頓が好循環を生み出す理由

なぜ、片づけは幸せを呼ぶ? 整理整頓が好循環を生み出す理由
Image: Gettyimages

世界40カ国1000万部を超えた、近藤麻理恵さん「人生がときめく片づけの魔法」が大ベストセラーになっています。少し前には、やましたひでこさんの「断捨離®」がブームになりました。

企業でも業績不振の会社を立て直すとき、「整理整頓」を徹底する手法もあります。なぜ片づけや整理整頓が、人生の幸運、業績向上などへの好循環に繋がるのでしょうか?

今回は、中国の古典・四書五経の1つである「易経(えききょう)」の知恵と絡めながら、私なりに解説したいと思います。

古川武士(ふるかわ たけし)/習慣化コンサルタント

古川武士

約5万人のビジネスパーソンの育成と約500人の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。「続ける習慣」「やめる習慣」など著書は全20冊、計80万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。公式サイト

片づけ、整理整頓が好循環を生み出す理由

「人生がときめく片づけの魔法」のこんまりさんは、いまやNetflixでも大活躍。

彼女がアメリカ人の家庭に訪問して片づけを手伝うことで、夫婦や家庭の関係性が良くなり、幸運が引き寄せられたりする過程が描かれ、大人気番組となっています。

日本のみならず、世界中が熱狂する理由は、片づけが人生に魔法を起こすことが経験則的にも真理だからだと言えるのではないでしょうか?

また、株式会社ワーク・ライフバランス社長で働き方改革の先駆者でもある、小室淑恵さんは、「整理整頓」からはじめると、職場の「働き方改革」が劇的に動き出すと言っています。

7万社以上の経営指導を行ってきた、株式会社武蔵野 小山昇社長の経営改革の根幹は、環境整備にあるそうです。

トヨタなどの良い工場は5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)が徹底されています。

では、片づけや整理整頓が、人生や生活、人間関係などに幸運を引き寄せ、会社の業績アップ、生産性向上に繋がるのでしょうか?

論理的に因果関係を辿っても解説は難しいのですが、古代中国の易経の知恵、陰陽の法則と合わせて考えると理解しやすくなります。

易経による陰陽の考え方が、わかりやすい

まず、易経と陰陽の法則についてお話しします。

易経とは、古代中国の唐の時代に生まれた四書五経の1つ。森羅万象、人間社会、人生の変化の法則を解き明かしているものです。

そのなかでも根幹をなすのが、陰陽の法則。

易経の専門家で日本の第一人者の竹村亞希子さんの解説がこうです。

易は宇宙の変化を象るために、すべてのものが陰と陽で成り立っていると考えました。そして、陰陽は互いに相反しながらも、交ざり合おうとして大きな循環をおこし、あらたな進化をするとしています。

〈陰〉- 地 夜 悪 邪 止 弱 柔 小 月 寒 女

〈陽〉+ 天 昼 善 正 動 強 剛 大 日 暑 男

陰陽の考え方のまず大事なポイントは、陰と陽は別々のものではないということです。

そして陰と陽はつねに対立しあって、対になって作用します。そこからすべての変化が生じます。夜があるから昼がある、不在があるから存在があり、静があるから動があります。

一年は、冬から夏へと向かい、夏はまた冬へと向かい、転化して作用しあって春夏秋冬がめぐります。また、陰陽は変化して循環するだけでなく、交ざり合うことで新たなものを生む進化をします。

竹村亞希子オフィシャルサイトより引用

世の中、人間社会、人生は陰陽が相反しながらも交じり合おうとして進化していくというのが陰陽の考え方です。

この考え方を土台にすると、片づけ・整理整頓は、陰の行為と言えます。

陽明学者・哲学者・思想家である、安岡正篤先生は、「創造の源は陰である」と言い、

「木が、根・幹・枝・葉・花とだんだん別れ別れて繁茂していく様に例えて、陰が陽の根幹になること」を解説されています。

つまり、陰陽がバランスをとって進化していく、陰が創造の根幹になることを考えると、片づけ・整理整頓が業績アップ、生産性向上、人生における幸運を引き寄せる理由にも繋がりそうです。

片づけ・整理整頓により発生させた陰のエネルギーと同じ量だけの陽を呼び込むために、恋愛や仕事、仕事の成果などの幸運が呼び寄せられるのではないかと考えました。

陰の習慣で、陽を生み出す

人生に幸運をもたらす、仕事に良い結果を生み出したいという陽のエネルギーを発生させたいならば、陰の習慣を身につけることが大切なのかもしれません。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の言葉のように、昔から成功するほどに謙虚になれと言われてきました。

アメリカでも成功者ほど受け取ったお金を社会貢献・寄付をする傾向がありますが、受け取ると与えることのバランスが良いほどに進化、発展するのです。

謙虚になる、徳を積む、与えるは、成果をあげる、受け取るとのバランスがあり、これも陰陽相対性と言えます。

陽を生み出す、陰の習慣とは

では、私たちにできる陽を生み出す陰の習慣とはなんでしょうか?

  1. 振り返る習慣
  2. 与える習慣
  3. 節約・質素倹約の習慣
  4. 謙虚・反省する習慣

などが考えられます。

今回は、片づけが起こす効用と易経の陰陽の法則をつなげて解説してみました。なるほどなと思ったら、ぜひご自身のことに当てはめて考えてみてください。

習慣術をもっと知りたい>>

なぜ、「書く」だけで、心の不安やストレスが片づくのか?

人はなぜ、付き合う人で人生が変わるのか?

Source: 竹村亞希子オフィシャルサイト

Image: Gettyimages

古川武士

swiper-button-prev
swiper-button-next