特集
カテゴリー
タグ
メディア

下半身を引き締める筋トレメニュー「ランジ」の正しいやり方

MYLOHAS

下半身を引き締める筋トレメニュー「ランジ」の正しいやり方

パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオです。

実は、私はランジが大のお気に入り。

下半身を引き締めてくれるだけでなく、日常動作がしやすくなるというメリットもあります。

基本的な機能運動のひとつであるランジには、歩く、走る、階段を上るなどの動きが取り入れられているんです。

大きな筋肉を一度に鍛える!

ランジエクササイズをこれほどおすすめする理由は、片足でバランスをとり安定させる際に、大臀筋、大腿四頭筋、コア(体幹)が鍛えられるから。

これらの大きな筋肉群を鍛えることで、筋力のしっかりとした基盤が作れます。

さらに、いつでも、どこででもできるので、テレビを見ながら、ベッドに入る前に、洗濯物を待つ間など、好きな時間に取り組めるのも嬉しいポイントです。

このトレーニングの効果を最大限に引き出すには、正しい方法で行うことが重要になります。

ランジの正しいやり方

それでは、ランジはどのようにすれば効果的なのでしょうか?

  1. 足を揃えて立ち、手は腰の横に添えるか、祈るように胸の前で合わせます。つま先は前に向けたまま、右足を一歩後ろに引きます。
  2. 左膝を曲げます。膝が踵の真上にくるようにしましょう。右足の踵は床から離し、右膝は床すれすれのところまで下ろします(ただし床につかないように)。腹筋に力を入れたまま、胸を少し前に突き出し、大臀筋に負荷をかけましょう。
  3. 1~2秒キープしたら、立った姿勢に戻ります。10~15回繰り返したら、反対側も。これで1セットです。計3セット行ってください。

完璧なランジを実際に見たいという方は下記の動画(英語)をチェック。

Video: Youtube

効果がでない「間違ったランジ」は、こう変える!

ストレッチ
Image: shutterstock

間違い:腰を四角く(スクエアに)保てていない。つまり力が入っていない

解決策:お尻や膝が外側に広がっていると、筋肉が正しく使われず怪我につながる可能性もあります。

腰を四角く(前を向いている状態に)保つには、両足のつま先をしっかりと前に向けましょう。

そうすることで体を下げてランジの姿勢をとっても、腰と膝が安定した状態を保てます。

間違い:後ろ足の膝に全ての体重がかかってしまっている

解決策:ランジはスプリットスタンス(足を前後に開いて立つ)なので、前後の足の両方に体重をのせてバランスを取る必要があります。

前足の膝はかかとの真上、後ろ足の膝は床すれすれのところで宙に浮かせます。

立ち上がる際は、前足に力を入れるようにしてバランスを保ちましょう。

間違い:コアに力が入っていない

解決策:腹筋に力を入れたまま、下がる際に体を少し前に倒します。

腹筋を使うことで体が安定し、背筋が伸びます。コアに力を入れると、立ち上がるときにも安定感が保てます。

やってみよう!

よくあるランジの間違いとそれを正す方法がわかったところで、週に2~3回、ワークアウトルーティンにランジを取り入れることを目標にしてみてください。

10~15回繰り返したら足を入れ替え、合計3セット行いましょう。

もう少しレベルアップしたいという方は、両手にダンベルを持ちながらトライしてみて。

下半身が強くなりパワーが増してきた、とすぐに効果を実感できるはず!

あわせて読みたい

8回でも効果大。美尻と美脚が手に入る脂肪燃焼エクササイズ

15分でひきしめ。複数の筋肉をいっぺんに鍛える自宅トレーニング7つ

ゴムバンドを使った体幹トレーニング&上半身筋トレ3選

Image: Shutterstock.com

Larysa DiDio-[原文:How to Do Lunges Correctly, According to a Trainer

マイロハスより転載(2019.05.11)

訳: Seina Ozawa

swiper-button-prev
swiper-button-next