特集
カテゴリー
タグ
メディア

筋力アップだけじゃない!カップルでのプランクがもたらすポジティブな効果

筋力アップだけじゃない!カップルでのプランクがもたらすポジティブな効果
Image: Olena Yakobchuk/ shutterstock

エクササイズがなかなか続かない人は、誰かと一緒にやるといいかもしれません。

Healthに気になるレポート記事がありました。

パートナーと一緒にプランクをやってみた

記事を書いたのは、ライター業で座ってばかり、腰痛も気になるというマデレーン・バリーさん。

プランクを始めることになり、夫と一緒に、1日1分、プランクを3カ月続けたところ、筋力だけではなく、プランク後に夫婦の会話を持つことも多くなり、ふたりの関係も向上したそうです。

では、パートナーと一緒にエクササイズを続けるための、マデレーンさんのアドバイスとは?

目標は低めに設定

ふたりは、まず1日30秒のプランクからスタート。30秒といってもけっこうきつそう。少しずつ時間を延ばしていって3カ月後には1分のプランクにも慣れたそうです。

彼女は目標を低めに設定することを勧めています。それが、プランクだけとはいえ3カ月も継続している秘訣のようです。

パートナーとエクササイズするときはこれに注意

旅行中にはFaceTimeを使ったこともあるというマデレーンさんは、ひとりではとても3カ月は続かなかっただろうと言っています。

一緒にやる相手がいて励ましあってできるのは、大きなプラス面です。

でも、夫婦だからこそ注意すべき点も挙げられていました。

それはお互いを批判しないこと。これってすごく大事!

フォームなどについてコメントしあうと、批判と感じられたりしていろいろ摩擦も生じます(経験多々あり)。夫婦ならカチンとくることも。

このようなライフハッカーのこの記事のようなオンラインの記事を参照して、フォームをチェックするといいでしょう。

完璧な「プランク」をマスターして「体幹」を鍛えよう

とにかく続ける

以前どこかで読んだ「三日坊主を続ける」という言葉がわたしの頭に残っています。

つまり、エクササイズを3日坊主で途切れてしまっても、また3日坊主を始める

それを繰り返すことで、結果として途切れつつも続いているという状況になり、気づいてみたら筋力がついているというわけなんです。

それに、前より筋力がついてきてると実感できれば、継続もだんだん楽になってきます。

一緒にできないことを言い訳にしない

実はわたしも、今年始めに夫といっしょにワークアウトをやると決めたのでした…が、あっという間に挫折。

それは、一緒にできる時間が限られていたからでした。

平日は夜しかできない会社員の夫、午前中にやりたいフリーランスのわたし。

思えば、一緒にやろうとしたこと自体が無謀だった気がします。

いまはお互いが自分のペースでやり、報告しあうだけに。

それでも、とにかく続ける(三日坊主の連続)という低目標ゆえに続いています。

やったりやらなかったりの日が続いても、どちらかができない日があっても、批判する代わりに励ましあって続けて、筋力もコミュニケーションもアップしていけるといいですね。


あわせて読みたい

スクワットの効果を高める3つの常識

体幹を鍛える筋トレエクササイズ2選|夏に向けて内側から鍛え始めよう!

Source:Health

Image: Olena Yakobchuk/ shutterstock

ぬえよしこ

swiper-button-prev
swiper-button-next