特集
カテゴリー
タグ
メディア

甘すぎたり硬くなったりしたドーナツは、焦がすとおいしさが復活する

甘すぎたり硬くなったりしたドーナツは、焦がすとおいしさが復活する
Image: Claire Lower / Lifehacker US

本当においしいドーナツには余計な工夫は不要ですが、そうでないドーナツならひと工夫加えたいものです。

どんなに名の知れたドーナツショップだとしても、(余計な飾りでごまかさずに)イースト菌を使ったプレーンなグレーズドドーナツをおいしく作れないなら、本当に良いドーナツショップとはいえません。

世間では、生チョコでコーティングされたドーナツやバジルが入ったドーナツ、シリアルがトッピングされたドーナツなどが流行っているようですが、私には必要ありません。

クリスピー・クリーム・ドーナツやスーパーで売っているドーナツで、十分に幸せになれるからです。

グレーズドドーナツは「ブリュレ」でおいしくなる

プレーンなグレーズドドーナツにひと工夫すれば、見違えるようにおいしくなります。甘すぎたり、味が単調だったり、日にちがたって輝きが失われたドーナツなら、特に効果が実感できるでしょう。

秘密は「ブリュレ」です。この作業は1分もかかりません。バーベキューセットを取り出さなくても、グリルドーナツと同じような、サクサクとしたカラメルの層を付け加えることができます。上から砂糖をふりかける必要もありません。

クッキングバーナーであぶるだけ

やり方は、クッキングバーナーを弱火にして、ドーナツの表面に沿って、やさしく回しながらあぶるだけです。しだいに表面にかかった砂糖が溶けて泡立ち、茶色く色づいてきます。

砂糖がカラメル化して茶色い輪っかができるまで、バーナーの火を一定の速度で動かしながら、表面をあぶってください。

個人的にはマシュマロと同じく、ところどころ焦げているぐらいが好きですが、必ずしも焦がす必要はありません。

お好みの色が付いたら、砂糖が固まるまで数分休ませ、おいしくいただきましょう。

サクサクとした食感が最高ですよ!

あわせて読みたい

いつものツナサンドや卵サンドを、ひと手間でアップグレードする方法

レモン風味を満喫できるデザートの作り方のコツ・裏技


Image: Claire Lower / Lifehacker US

Source: Lifehacker US

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next