特集
カテゴリー
タグ
メディア

子どもの集中力とパフォーマンスを高める「良いストレス」の作り方

子どもの集中力とパフォーマンスを高める「良いストレス」の作り方
Image: Jasmin Merdan/Getty Images

審査員室への入り口の前で待っている間、8歳の娘が手にしていた楽譜は震えていました。

何カ月もの間、苦労しながら難曲に挑む娘を、私は励まし続けました。この日の数日前から、娘はすごく緊張していました。私は彼女に難しいことをさせすぎているのでしょうか…。私は不安になりました。

でも、楽譜は震えていましたが、娘の口はしっかりと結ばれ、目は見開かれ、集中していることがすぐ分かりました。

私は励ましの言葉を一言、二言かけ、娘は審査員室に入っていきました。5分後、大きな笑顔と共に、娘が部屋から出てきました。努力が報われたのです。

多くの親は、自分の子どものことになると、本能的にストレスの多い状況を避けようとします。

私も、娘をピアノ演奏によるストレスから救いたいと思いました。小さな顔が大人のように緊張しているのを見て、両腕に抱きしめてやりたいと思いました。

しかし、あえてそうしませんでした。娘は「良いストレス」を感じていたからです。

良いストレスと悪いストレスの違い

正しいストレスは有益です。つらいストレスとは違い、良いストレスは、集中力を高め、パフォーマンスを向上させ、自信をもたらしてくれます。

良いストレスは英語で “eustress”と言いますが、この用語は1974年にハンガリーの内分泌学者であり研究者であるハンス・セリ氏によって、ギリシャ語の接頭辞「Eu」(「良い」を意味する)と「ストレス」を組み合わせることによって造られた造語です。

悪いストレス(英語では “distress”)は不安や不快感を引き起こし、自信を取り除き、パフォーマンスを悪い方向に導きます。

私の娘がピアノ演奏で経験したストレスは、悪いストレスに引っ張られそうなギリギリのラインのいいストレスでした。

娘が苛立ちながら練習している時に私が上から目線で叱りつけていたら、悪いストレスになっていたと思います。

そうではなく、私は前向きに励まし続け、娘は必要な練習を続けました。その時娘は、前向きで肯定的なストレスを感じていたと思います。

心理学者は、悪いストレスと良いストレスの違いについて、今も議論を重ねています

悪いストレスは恐怖と不確実性をもたらします。良いストレスは興奮、期待感、挑戦することの喜びをもたらします。

悪いストレスは自信を失わせ、良いストレスは自信をもたらします。悪いストレスは避けるべきものですが、いいストレスは理想的なストレスで、必要だとさえ考えられています。

子どもにチャレンジさせよう

ただし、達成可能なチャレンジにしましょう。もちろん、子どもたちが、自分が参加するコンテスト全てで優勝することは期待できません。

でも、努力が誇りを持てる結果につながった、と感じてもらいましょう。

まずは努力が必要なコンテストや課題に、子どもを登録。そして、結果がどうあれ、子どもには努力の成果を前向きにとらえてもらいましょう。

勝ち負けにこだわらず、決意、努力、上達や変化を褒めたたえましょう。

新しいことへの挑戦がもたらすもの

いいストレスのもう1つのかたちは、新しいことにチャレンジする時に感じる緊張感です

うまくできるだろうか…でもそれは楽しみの1つでもあります。それがうまくできるかどうかは、関係ありません。

一番大事なのは「それを学ぶのが楽しいか」です。

ローラースケート、演劇、新しいスポーツでも何でもいいので、子どもたちに何か新しいことにチャレンジさせ、緊張感、興奮を体験させてあげてください。

変化を体験させよう

私たちのほとんどは、変化を恐れています。 私たちがいる場所に慣れているのなら、なぜボートを揺らさなければならないのでしょうか。

しかし、快適さは時に慣れをもたらし、成長の妨げになります。大人の場合、転職や家を買うことなどがストレスになります。

子どもの場合は、引っ越しに伴う転校などがストレスになります。

これらの経験は怖いもので、苦痛を引き起こす可能性がありますが、刺激的な機会として捉えれば、いいストレスに変換できます。

そして、ストレスを良いモチベーションにするスキルは、子どもたちに身につけてほしいライフスキルです。

あわせて読みたい

ストレスを溜めずに、子どもの遊びにうまく付き合う方法

本当に子どもがほしい? セラピストが教える、見極めるための方法とは


Image: Jasmin Merdan/Getty Images

Source: Positive Psychology Program

Kristen Mae - Lifehacker US[原文

訳:曽我美穂

swiper-button-prev
swiper-button-next