特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール【新生活エディション】

2種類のテープをセットでき、1つの刃で別々に切れるコンパクトなテープカッター【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
2種類のテープをセットでき、1つの刃で別々に切れるコンパクトなテープカッター【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

テープは従来のセロハンテープやマスキングテープだけではなく、テープのり、ロール型ふせん、テープ式カレンダーなど、アイデア文房具でもたくさん見かけるようになりました。

しかし、テープごとにカッターが必要となると、かさばるうえにデスク上もゴチャつきがち。

そこで今回ご紹介するのは、アッシュコンセプトの『テープ+テープ』。種類や幅の違うテープ2本を1つにまとめテープカットが1つのカッターで済む、ミニテープカッターです。

使う頻度の高いテープ2つまとめてスッキリ、作業も速く

テープ+テープに2つテープをセット
Photo: 藤加祐子

テープ+テープ』は、セロテープとマスキングテープを組み合わせたり、マスキングテープを2種類をセットしたりと、使う頻度の高いテープ2巻をカスタマイズできるテープカッター。

整理整頓になるだけでなく、効率よく作業もできそう

小巻テープ専用で、外径48mm以下/芯の内径25mm以上/幅18mm/巻数10m以下のテープが使用できます。

1つのカッターでもくっつかず、きれいにカットできる

テープ+テープに2種類のテープをセット
Photo: 藤加祐子

テープ+テープ』は、本体のくぼみに指先がフィットし、軽い力で切れるのが特徴。カッターは中央に1つだけですが、2つのテープがくっつくことなくカットできます。

特にマスキングテープは和紙製なので、カットには、やや力が必要となるものです。でも『テープ+テープ』なら、片手でしっかりおさえられるので、カットの失敗も減ります。

使ってみてわかった注意点

テープ+テープにロール型ふせんをセットするときの注意点
Photo: 藤加祐子

実際に使ってみてわかった注意点は、マスキングテープや小巻のセロテープは問題なくセットできましたが、厚みのある両面テープはセットできませんでした。

また、ロール型のふせんもセットできますが、粘着力が弱いため、カッター部分にくっつかず、離れやすいです。

カッターの手前で押し気味にくっつけると、ロール型ふせんでも離れずにキープできます。

カラフル5色展開。組み合わせでバイカラーにも

テープ+テープは5色のラインナップ
Image: h-concept

『テープ+テープ』は、ブラック/レッド/グリーン/イエロー/ホワイトの5カラーがあります。複数組み合わせて、バイカラーのオリジナルテープカッターにするのも楽しそう。

メーカーのアッシュコンセプトでは、「2つのテープを使いやすいように最小限のサイズに」デザインしたとのこと。機能的でシンプルなアイテムが多い、アッシュコンセプトらしい製品です。

公式サイトほか、Amazon.co.jpでも取り扱いがあります。

あわせて読みたい

テープ同士だけくっつくテープ。ベタベタが残らず、ケーブルから毛布まであらゆる「まとめ」に便利【今日のライフハックツール】

もう持ち運ばなくていい。「貼る」スケジュール帳なら仕事でも家でもマルチに活躍する【今日のライフハックツール】


Photo: 藤加祐子

Image: h-concept

Source: アッシュコンセプト

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next