特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール【新生活エディション】

ドリップ中の量がわかる。コンパクトなカリタ式、マグカップ用コーヒードリッパー【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
ドリップ中の量がわかる。コンパクトなカリタ式、マグカップ用コーヒードリッパー【今日のライフハックツール】
Photo:藤加祐子

オフィスでも、コーヒーを飲むならいれたてが一番です。しかし、かさばるコーヒードリッパーを置いておける余裕がない…給湯室が他の会社と共有なら、なおのこと。

そこでコーヒー機器総合メーカー「カリタ」による、コーヒードリッパー『カフェ・ウノ』はいかがでしょうか。

ウノ=Unoはイタリア語で1つの意味。マグカップに適した1人用ドリッパーです。

カップに乗せるだけの簡単セッティング

コーヒードリッパー、カフェ・ウノのレビュー
Photo: 藤加祐子

カップに『カフェ・ウノ』を乗せ、ペーパーフィルターをセット。コーヒー粉を1人分入れれば準備完了です。

ちなみに、1人分のコーヒーを手早く測りたいときは、以前ご紹介した、「メジャー付きクリップ」がオススメです。すぐコーヒー粉の袋を閉じられて楽ですよ。

コーヒードリッパー、カフェ・ウノのレビュー
Photo: 藤加祐子

ドリッパー本体は3穴タイプのカリタ式」そのまま。

内側に溝があり、お湯の落ちるスピードも他のカリタ式ドリッパーと大きな差はありませんでした。

コーヒーの落ち具合は、隙間からチェックできる

コーヒードリッパー、カフェ・ウノのレビュー
Photo: 藤加祐子

ドリップする際、お湯の量は『カフェ・ウノ』のまでにしてください。それより多く入れると、脇から漏れてきます。

カリタの3点式ドリッパーは、雑味が出る前に素早く抽出できる特徴があります。慌てずゆっくりお湯を注ぐと良いでしょう。

便利なのは、コーヒーの量を抽出の最中もドリッパーとカップの隙間からチェックできること。紙製の簡易ドリップなどを使ったときのように、コーヒーの量が見えにくくなりません。コーヒーとミルクを半々に、カフェオレを作るときにもよさそう。

なお、外形100mm以内、内径60mm以上のカップでご利用ください。

気分が明るくなるようなカラフルさ

コーヒードリッパー、カフェ・ウノのレビュー
Image: Amazon.co.jp

カフェ・ウノ』はピンク/グリーン/イエローの3色展開です。

ちなみに、同種類で縦長タイプの『カフェ・トール』もあります。こちらはタンブラーにコーヒーをいれるなど、コーヒーの量を多めにしたいときに便利です。

なお、『カフェ・トール』のほうは12色あり、アウトドア用品として良さそうな落ち着いたカラーもあります。

やはり、コーヒーはいれたてが一番。小さくてリーズナブルなドリッパーでカリタ式でいれたおいしさが手に入ります

朝の仕事はじめや休憩時の気分転換に、一役買ってくれることでしょう。

あわせて読みたい

コーヒーを量るスプーンと袋をとめるクリップが合体した一石二鳥ツール【今日のライフハックツール】

フレンチプレスでいれたまま保温して、水筒として持ち歩けるコーヒーメーカー【今日のライフハックツール】

Photo: 藤加祐子

Image: Aamzon.co.jp

Source: カリタ

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next