特集
カテゴリー
タグ
メディア

マネー特集─MONEY SHIFT 2019

インデックス投資の父が語った、僕たちでも富を築く方法

インデックス投資の父が語った、僕たちでも富を築く方法
Image: Puttachat Kumkrong/Shutterstock.com

5兆ドルを運用するバンガード社の創業者で、個人投資家向けのインデックス・ミューチュアルファンドを初めて設定したジョン・C・ボーグル氏が、1月16日にこの世を去りました。享年89歳でした。

インデックス投資の父

金融の世界でボーグル氏(ジャックと呼ばれ親しまれていた)ほど、一般投資家に大きな影響を与えた人物を思いつくことができません。

同氏が設定したインデックスファンドと、じっくり腰をすえて投資を行うという原則のおかげで、私やあなたのような個人投資家が、金融業界の魑魅魍魎たちに振り回されることなく、大きな富を蓄積できるようになったのです。

ボーグル氏は、ほんとうの意味で、一般投資家のポケットに何十億ドルものお金を戻してくれた人物だといえます。New York TimesのRon Lieber氏は、「彼のおかげで、一体どれだけの人びとが、どれだけのお金を増やすことができたのでしょうか? 彼のような人物を持てた私たちは幸せです」とツイートしています。

一般人こそやるべきインデックス投資

不幸にもボーグル氏の哲学に触れたことがないという人は、先日米Lifehackerで掲載した、ボーグル哲学についての解説記事をチェックしてください。富を築くには、ほんのわずか(2つか3つ)の低コストなミューチュアル・ファンドに投資するだけでいいのです。

同氏の基本的な考え方は、自分の代わりに株を選んでくれたり、市場を打ち負かすタイミングを測ってくれる人にお金を払う必要はないというものです。なぜなら、そうした人に頼んでも結果は期待通りにはならないからです。とくに長期で見た場合はそうです(それを裏付ける調査もある)。

そうするかわりに、株式市場を幅広く追跡し、腰をすえて投資を行えば、少なくとも市場の動きに合わせて動いていくことができます。そして通常、かなりいい結果が得られます(歴史的に見れば、株式市場の価値は高まり続けている)。

資調査会社のモーニングスターも、「通常、インデックスファンドを選んでおけば、平均よりも高い収益が得られる」と説明しています。ボーグル氏が初めて設定したインデックスファンドはバンガード500と呼ばれ、S&P500(米国の大手企業500社から構成される)を追跡するものです。このファンドは今でも健在で、とても良い結果を出しています。

インデックス投資は低手数料

こうしたファンドは、投資家に利益をもたらすだけでなく、ほかのファンドに比べてもコストを低く抑えることができます。もしどこかで「低コスト」のインデックスファンドという言葉を耳にしたとしたら、それは、経費率などで示される運用経費が低いファンドという意味になります。

経費率とは、バンガードやフィデリティなどの投資運用会社にあなたが支払う報酬の、資産残高に対する比率のことです(バンガードは低コストで定評がある)。

インデックスファンドは既存のインデックスを追跡するため、ファンドマネージャーにかける負担が少なく、その分、投資にかかるコストが低く済みます。何十年という単位で見ると、手数料の違いは馬鹿にならない額になります。2016年のこちらの記事も参照。

今週、ブルームバークのアナリストの1人が、バンガード社のおかげで投資家が節約できた手数料は1750億ドルにのぼるとする計算結果を発表しました。

バンガード社がなければ、こうした手数料は、何の価値も提供しないウォール街の連中の手に渡っていたことでしょう。また、同社のおかげで、投資家たちは、何の価値も生まないトレーディングコストを1400億ドル節約できた計算になるということです。

それだけでなく、バンガード社は、競合企業にバンガードと競合するために手数料を抑えさせることで、さらに2000億ドルを投資家に還元したことになります。

AP通信が、「2017年に投資家がミューチュアルファンド投資で支払った手数料は、今世紀初頭の数字に比べて40%低くなって」おり、その多くがボーグル氏の功績であるとレポートしています。

ウォーレン・バフェット氏も大ファンだった

米Lifehackerのこちらの記事でも書きましたが、億万長者のウォーレン・バフェット氏もバンガード社の大ファンのようです。いうまでもなく、バフェット氏は投資を熟知していた人物です。

「投資では、何にお金を払わないかが肝心です。つまり、コストが重要だということです」とボーグル氏は2012年にNew York Timesに語っています。

だから、賢い投資家は低コスト・インデックスファンドを使って、株式と債券の多様なポートフォリオを構築し、それを堅持します。市場の裏をかき続けられると考えるほど愚か者ではないはずですから。

現在、ボーグル氏について、たくさんの心温まる記事が公開されています。同氏が与えた影響をきちんと理解するために、そのうちの1つ2つを読んでみることをおすすめします。

ボーグル氏は世の中の誰でもが知っているというほど有名ではありませんが、今夜はジャックのために一献を捧げてみてはいかがでしょうか。同氏のおかげで、私たちの生活ははるかに豊かになったのですから。

あわせて読みたい

100万円の増やし方|マイナス金利時代に賢く投資・資産形成する方法

なぜ同じ収入でも、貯蓄が10倍以上も違うのか。その3つの理由とは?


Image: Puttachat Kumkrong/Shutterstock.com

Source: Twitter, Wikipedia, Vanguard, Morning Star, Bloomberg, AP通信

Alicia Adamczyk - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next