特集
カテゴリー
タグ
メディア

靴下はお土産として万能|コスパ最高で荷物にもならない

靴下はお土産として万能|コスパ最高で荷物にもならない
Image: arkanto/Shutterstock.com

先週、東京に観光に行ってきました。アメリカ人である私は、自分にウィンドブレーカーを、自分の赤ちゃんには飛び出す絵本を買いました。

折り紙、お茶、Wifiが使えるズームレンズ付きの耳かきも買いました。友だちにも、ステッカー、ピン、飛び出す絵本、ブレスレット、お尻みたいなプニプニした桃など、細々した物を買いました。もちろん、お菓子もたくさん買いました。

でも、私が必ず買うのは靴下です。行く先々で靴下を買うと、数カ月、数年先もお土産として残ります。

お土産に靴下をおすすめする理由

土産物屋を通り過ぎる度に、特別な体験を思い出させてくれる物が欲しいと思う人は、靴下を見てみてください。絵は破れてしまうかもしれないし、文房具は使わないかもしれません。

しかし、靴下はいつも使うはずです。それに、この特別な旅のことを思い出させてくれる靴下は、いたるところで売っています。美術館にはアートの靴下、有名な高いビルにはスカイラインの靴下、ディズニーワールドにはキャラクターの靴下があります。

靴下は、プリントされている柄以上に、どこで買ったかを物語るんですよ?

ウールの靴下はフィンランドで、レインブーツ用の長い靴下はロンドンで、靴からはみ出ないカバーソックスはマイアミで、ハイキング用の靴下はアパラチアで、大きなチクチクするPendletonの靴下はポートランドで、スリッパ用の靴下(つま先だけ!)は日本で、そして国旗の靴下はそれぞれの国で買えます。

ボロボロの使い古しの靴下を1〜2組持って行き、旅行中にそれを捨てれば、文字通り新しく買った靴下用のスペースができます。靴下を持って行かずに、旅行先ですべての靴下を買うのもありです。旅行中に毎日新しい靴下を買えば、その靴下を履く度にその日のことを思い出せるんです。

靴下はコスパもいい

値段は安いですが、使い捨てるものではありません。実用的ですが、少し変わっています。友だちにあげるために6組くらい買っておくといいでしょう。

好きな人や家族のために靴下を買った方がいいとは言いませんが、とてもいい靴下をあげて失礼になることはそこまでないし、馬鹿みたいな靴下にお金を使い過ぎることもそこまでありません。

スーツケースの場所も取らないし、サイズ感も気にしなくていい

靴下は小さくて、折り畳めて、軽いので、1ダース分買っても、スーツケースで大きな場所を取ることはありません。靴下1組では、帽子1つやスカーフ1枚ほど面白味がないかもしれませんが、靴下が10組あればそれなりにいいものになります。

シャツにはサイズがあるし、ベルトのバックルは重いし、下着12パックは配れません。

100%正解ではないけど、わりと喜ばれるお土産

靴下が必ずしも最高のお土産というわけではありません。あなたはいつも趣味のいいアートや、格好いい海外の漫画本をお土産に買っていたかもしれません。

米LifehackerのフードエディターClaire Lowerは、木製のスプーンを買うのが好きだそうです。私は、その国や地方ならではのガジェットを探すのが好きです。

ただ、そこまでの時間の余裕がなかったり、好みがわからなかったり、面白くて、高価で、時間もかかるお土産と、大量の安いお菓子の中間の何かが必要な場合は、靴下を買っておけば安心です。

あわせて読みたい

赤ちゃん連れの旅行なら荷物は迷わず「事前配送」しよう

海外旅行で大活躍! 一時的に荷物を預けられるサービス4選


Image: arkanto/Shutterstock.com

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next