特集
カテゴリー
タグ
メディア

ゴールデンウィークを有意義に過ごすために、連休にやりがちな11の間違い

BUSINESS INSIDER JAPAN

ゴールデンウィークを有意義に過ごすために、連休にやりがちな11の間違い
Image:gg-foto/Shutterstock.com

GWの10連休に向けて、いま読んでおきたい記事を編集部がピックアップしました。

今年最後の3連休を楽しんでいる人も多いだろう。

ただ、過ごし方を間違えると、リフレッシュもできず、成功からも遠ざかってしまう。

貴重な自由時間を無駄にしないために、避けるべき行動とは? 成功できない人が3連休にやりがちな11の間違いを紹介しよう。

1. 家族や恋人をないがしろにする

頭をかかえる男性
Sabphoto/Shutterstock.com

「3連休があれば、愛する人と過ごす大切な時間を作ることができる」

アメリカの労働環境の専門家で、『Tame Your Terrible Office Tyrant: How to Manage Childish Boss Behavior and Thrive in Your Job』の著者リン・テイラー(Lynn Taylor)氏はそう語る。

もちろん、人から離れて長い連休を一人で過ごすことは、必ずしも悪いことではない。

しかし成功できない人が他人を遠ざけるのは、意識してリラックスしたいからではなく、つながることを思いとどまらせる何かがあるからだ。

2. ストレスを解消しない

パソコンを見る女性
Dedi Grigoroiu/Shutterstock.com

私たちは皆、時々休んで、充電する必要がある。だが成功できない人は、3連休があってもそれができない。

こうして本来、気晴らしや幸せに満ちたひとときが、惨めなものになってしまう。

3. (不必要に)散財する

クレジットカード
Matt Cardy/GettyImages

3日間でお金を使い果たしたくはないものだ。

成功できない人は、連休中の自己管理ができず、財布が空になるまで散財してしまう。

短期間に衝動買いをし過ぎるのは、本当にまずい。

予算の範囲内で目いっぱい楽しみたいなら、近場で過ごすか、日中、屋外で気をつけてお金を使ってはどうだろうか。

4. 不健康な生活を送る

ハンバーガー
Robert Morrissey/Getty Images

成功できない人は、さまざまな理由をつけて定期的な運動を怠り、不健康なものに手を出してしまいがちだ。

3連休は、良い習慣をサボる絶好の機会だ。少し自分を甘やかしたいと思うのは自然なことだ。ほどほどの範囲で。

5. 働き続ける

悩む女性
WAYHOME studio/Shutterstock.com

成功できない人は、仕事上のメールに返信したり、忙しさをアピールするためだけの仕事に夢中になって、休暇を無駄遣いする。

運悪く連休中ずっと働かざるを得ないのであれば、仕方がない。

しかし自ら選んで休日に自宅作業をしているなら、話は別だ。それは燃え尽き症候群の一歩手前か仕事中毒のサインだ。

本当に生産的でありたいなら、休暇中にだらだらと続けてはいけない。仕事に割く時間を決めて、その時間内に済ませるべきだ。

6. 仕事のことばかり考える

うなだれる女性
Ayurvedic India/Flickr

連休中ずっと働くよりはましだが、それでも仕事について常に考えているのは良くない。

仕事が大好きで、頭から離れないのなら、それも仕方がない。

しかし成功できない人は、休み明けのことを気にするあまり、リラックスしたり、目の前の時間を楽しむことができない。

7. だらだら過ごす

寝そべる
Peter Varga/Flickr

連休にリラックスすることは大切だが、成功できない人はそれをやり過ぎてしまう。

長い連休は、平日には取り組めない、仕事とは無関係の個人的な計画に挑戦するにはもってこいだ。

部屋を掃除したり、グリルを買い替えたり、祖母と電話で話したり、時間を最大限活用しよう。

To-Doリストのいずれかの項目をやり遂げると、達成感が得られるだろう。

8. 常にオンラインでいる

コンセント
Aya/Flickr

3連休は、PCやスマホのスクリーンから離れて、外に出る最高の機会だ。

起きている間、ずっとソーシャルメディアに張り付いている人の仲間になってはいけない。

たくさんのチャンスをふいにすることになる。

9. 冒険しない

うずくまる男性
蠹蟲 髒/Flickr

長い連休は、ずっと行きたかった長旅に出たり、新しいレストランに行ったり、今年最後のビーチに出かけたりするには、最高の機会だ。

リラックスするのも良いが、いつもと違う何かに挑戦したいなら、ソファーに寝そべってばかりいると後悔する。

「気晴らしや趣味でくつろぐには最高の時だ。ショッピング、ゴルフ、友達付き合い、読書、絵画など、何でもいい」とテイラー氏は言う。

10. 何も計画しない

頭をかかえる女性
KieferPix/Shutterstock.com

生涯を通じて何の計画も持たずに、流れに身を任せることができる人もいる。それもいい。

だが、そういうタイプでなければ、せめて連休や連休明けに成し遂げたいことを、ざっくり考えておくといい。

もちろん分刻みの計画を立てる必要はないが、せめて大まかなアウトラインはあった方がいい。

成功できない人は、全てを途中で放り出すことで、混乱と失望に陥り、墓穴を掘る。

11. 時間を大事にしない

腕時計
anika/Flickr

時間は貴重だ。成功する人はそれを意識しているので、しっかりとスケジュール管理をする。

そうすることで、数々のタスクに追われているときでさえ、やりたいことができる。

成功できない人は長い連休を無駄に過ごしてしまう。

うまく乗せられて関係のない計画に巻き込まれたり、だらだら過ごして後悔をしたり、計画を詰め込み過ぎて、本当にしたかったことができなくなる。


あわせて読みたい

おでかけ前にチェック! GWに覚えておきたい危機対応術

GW最終日の法則:「マッチングアプリ登録者が増える」、でも海外共通の特異日は“あの日”だった

旅行で揉めないための新ルール。ひとつの仕事の担当は一人にする


Image: Flicker, GettyImages, Shutterstock.com

[原文:11 things unsuccessful people do over long weekends

BUSINESS INSIDER JAPANより転載(2017.11.03)


Áine Cain
翻訳:Kamada Satoko

swiper-button-prev
swiper-button-next