特集
カテゴリー
タグ
メディア

チタン・アルミ・銅から選べる! ユニークなバンブーフォルムで見た目も美しい万年筆「TTi-110」

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
チタン・アルミ・銅から選べる! ユニークなバンブーフォルムで見た目も美しい万年筆「TTi-110」
Image: machi-ya

メタル素材ってなぜこんなに魅力的なんでしょうか

フレッシュパーソンがあふれる今日この頃。新生活、新年度には新しい製品で気分を高める人も多いかと思います。そこで、ちょっと良い万年筆なんでいかがでしょう?

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーンが始まった「TTi-110はチタンやアルミから作られた万年筆竹をモチーフにしたデザインが特徴で周りの誰ともかぶらないユニークな製品に仕上がっています。

エルゴノミクスも取り入れた美しいデザイン

titanium_version
Image: machi-ya

「TTi-110」はチタン製のプロダクトを多く手がける香港のTI MAZEがデザインした万年筆です。独特なそのフォルムは竹そのもの。チタンモデルはマットで上質な仕上がりになっています。カラーバリエーションが豊かなアルミニウム経年変化が楽しみなコッパー(銅)モデルの3スタイルから選択可能です。

livingwithbamboo_pen
Image: machi-ya

スクリュー式のキャップ部分は本体との境界が目立たないシームレスなデザインに。もちろん良し悪しはありますが、初見ではどちらがペン先部分かかわからないほどの一体感。竹の節のように区切られたひとつひとつのパーツはノットと呼ばれ、5つのノットから構成されています。

bamboo_handfit
Image: machi-ya

「TTi-110」のバンブースタイルは決して見た目だけではありません。エルゴノミクス設計がされており、手への馴染みはしっかりと調整済み。ノット部分の曲線こだわって計算・製造されています。

BP_keinenhenka
Image: machi-ya

3つの素材の中でも最もユニークなのが、コッパーモデル。新品時は輝く美しい見た目をしていますが、経年変化で酸化を楽しめます。まるで若竹が趣のある古竹へと成長していくようですね。

もちろん変化は一定ではないので世界にひとつしかない自分専用モデルになってくれますよ。

IMG_0201
Image: machi-ya

ペン上部の斜めカットにも機能が込められています。直線のないペンは転がりやすいのですが、「TTi-110」はこの斜め部分で重心をコントロール。結果、一定の転がりをせず止まる役割を果たすそうです。

信頼のドイツ製ペン先とインクシステム

bamboo_germannibs
Image: machi-ya

ペン先とインクシステムはドイツのSCHMIDT(シュミット)社を採用。ペン先はEF(極細)F(細字)M(中字)の3つの太さからお好みで選べます。インクはコンバーター式で、補充式インクとカードリッジ式インクどちらでも利用可能。


ちょっと変わったデザインで、他の人とは一味差をつけられるバンブースタイル万年筆の「TTi-110」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

アルミニウムモデルが10,100円(送料込)から、コッパーモデルが限定100個で13,900円(送料込)からオーダー可能。フラッグシップのチタンはブラックとシルバーで値段が異なり、シルバーが限定200個で17,400円(送料込)から、ブラックも限定200個で24,300円(送料込)からオーダー可能です。

さぁ皆さんはどのモデルを選びますか? 詳細は以下のリンクをチェックしてみてください。

>>「TTi-110」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya

増田 隼也

swiper-button-prev
swiper-button-next