連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Firefoxがアップデート。ブラウザで自動再生される動画のブロックが可能に

  • カテゴリー:
  • TOOL
Firefoxがアップデート。ブラウザで自動再生される動画のブロックが可能に
Image: Mozilla

自動再生される動画が好きな人などいないでしょう。

まだ見たいかどうかもわからない動画から音声が突然飛び出してくるのは、うれしいサプライズではありません。

Firefoxで動画の自動再生ブロックするには?

20190404-firefox02
Screenshot: Mike Epstein

先日Firefoxがアップデートされ、あらゆるサイトにおいて動画の自動再生をブロックできる機能が追加されました。これでブラジングがさらに快適になることでしょう。

この機能を有効にするには、Firefoxを最新バージョン(66.0)にアップデートして、アドレスバーの左にある[i]マークのサイト情報ボタンをクリックします。

[Permissions(許可設定)]をクリックしてメニューを表示し、[Block websites from automatically playing sound(音声を自動再生するウェブサイトをブロックする)]をオンにしてください。

設定項目の名称が示すように、この機能はとくに、音声を自動再生する動画のブロックに重点が置かれています。

Facebookのように無音で動画を再生するサイトはこの機能を有効にしてもブロックされません

同じく、YouTubeやNetflixのように、ワンクリックするだけで複数の動画が連続で再生されるサイトでも、再生に制限はかかりません。

米メディア「The Verge」が指摘するように、Firefoxがこうした機能を初めて搭載したブラウザというわけではありません。

Chromeでブロック機能を設定するには?

Chromeはしばらく前から動画の自動再生をブロックする機能が備わっています。

ただし、デフォルトでは多くのメジャーサイトがホワイトリストに登録されていて、自動再生がブロックされない仕様になっています。

Chromeで任意のサイトの自動再生をブロックする方法はありますが、半分秘密の[Flags]メニューから試験運用機能を使う必要があります。

アドレスバーに[chrome://flags/]と入力して、[Autoplay Policy]を検索、オプションを[Document User Activation is Required.]に切り替えてください。

それでも動画の自動再生が止まらないときは、拡張機能「AutoplayStopper」を利用しましょう。


あわせて読みたい

Firefoxで2段階認証が使えるようになりました!

安全なパスワードを使い続けるためのChrome拡張機能「Password Checkup」


Image: Mozilla, Mike Epstein

Source:The Verge, AutoplayStopper

Mike Epstein - Lifehacker US[原文

訳: 伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next