特集
カテゴリー
タグ
メディア

自分のことを悪く考える癖をなおす方法。良い部分を続けて挙げて「キャンセル」する

自分のことを悪く考える癖をなおす方法。良い部分を続けて挙げて「キャンセル」する
João Jesus / Pexels

自分自身について、繰り返し否定的な考えを持ってしまうことってありますよね。でも、自分のことを悪く考えてしまう癖をやめようとしているなら、良い方法があります。

その考えをキャンセルするのです。

これは、RedditユーザーのFalciaさんが、Redditの「Life Pro Tips」に最近投稿した内容と通じ合う方法です。

自分の悪いところを挙げるとき、必ず良いところも挙げよう

Falciaさんは、自分のことを悪く考えてばかりいるのはやめるべきだと思っています。

そして、自分の悪いところを頭の中で考えたり声に出して言ったりしたときには、それに続けて自分の良いところを2つ挙げてみてはどうかと勧めています。

自分の中で、好きではないところを1つ挙げるときは、必ず、好きなところも2つ挙げましょう

そうすれば、もう少し自分を好きになるかもしれません。

これを新年の抱負にしたところ、たちまち効果があったそうです。

この方法は、自分の脳を再トレーニングし、自分自身のとらえ方を見直すのに良いと思います。

私は、落ち込んでいたときにこの方法を使い、すぐさま元気が出る言葉を思い浮かべて、否定的な考えを打ち消すことができました。

おまけに、自分の嫌なところは言い尽くしてしまったけれど、自分の好きなところはまだ挙げられるということに気づいたのです。

卑下による自己認識を「キャンセル」する

Falciaさんのこの投稿を読んで、最近、自分の誕生日に教えてもらった言葉を思い出しました。

私は自分の誕生日に、タロットカード占いをしてもらっています。人生にちょっとした魔法をかけてもらうのです。

占い師は私に、カードを1枚引くよう言いました。ところが、私がカードを引いてそれをめくった瞬間、彼女はそのカードをひっつかんで隠しました。

「カードを見たら、驚きがなくなってしまうでしょう」と占い師は言いました。

私はきまりが悪くなって、冗談でこう言いました。「ごめんなさい。どうすべきか、全部言っておいてね。私は頼りにならない人間なので

すると占い師が、「その考えはキャンセルしましょう」と言いました。「こう唱えてください。『今の考えをキャンセルします私は頼りになる人間です信頼できる人間です』とね」

香を炊いた小さな部屋で、私はその言葉を繰り返しました「今の考えをキャンセルします。私は頼りになる人間です。信頼できる人間です」

すると、たちまち気分が良くなりました。たとえ冗談でも、自分を卑下すればその考えは自己認識になっていきます

ネガティブな考えをポジティブな考えで打ち消す習慣

優れたタロットカード占い師というものは、占われた人に知るべきことを教えてくれます。そして私は、自分にもっと優しくあるべきだということを知る必要があったのです。

それ以来、自分に関して何かネガティブな事実を考えているのに気づくたびに、私はその考えを打ち消し、代わりに正反対のポジティブな事実を思い浮かべるようになりました。

「自分のポジティブな面だけを挙げるのは妄想だ」とか、「世の中の見方が歪んでしまう」と心配するなら、「すべてにおいて悪い面を見ることが、すでに歪んだ見方なのだ」と考えましょう。

否定的な考えは単なる考え。運命ではない

また、現実を認識することと、まだ起きていない否定的な未来を予測することも、大きく違います

例えば、実際に家が焼けているときに「あの家が火事だ」と言うことと、「あの家は火事になるだろう。家はいつも火事になるものだから。それなら、なぜ家に住むのだろう」と言うことは、同じではありません。

悪い思考パターンを認識できるようになるのは、難しいものです。でも、「キャンセルする」という言葉は覚えやすいですし、否定的な考えはただの考えであって運命ではないことを思い出させてくれます。

あなたにとって、もはや意味のない古い物語にとらわれてはいけません。自分のメンタル・ネットワークテレビの重役になって、否定的な考えの放送をキャンセルしてしまいましょう。

あわせて読みたい

見ないふりをしていた、心の奥底にある不安を解消する方法

振られた相手とセックスしてはいけない・承認を求めてはいけない


Image: João Jesus / Pexels

Source: Reddit1, 2

Aimée Lutkin - Lifehacker US[原文

訳:浅野美抄子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next