特集
カテゴリー
タグ
メディア

「仕事中の適度なネットサーフィンは生産性向上につながる」という研究結果

  • カテゴリー:
  • TOOL
「仕事中の適度なネットサーフィンは生産性向上につながる」という研究結果
Image: lululemon athletica/Flickr

2011年08月29日の記事を再編集のうえ、再掲しています。

インターネットは、仕事の生産性を妨げるものと思われがちですが、適度な利用は、むしろ生産性を向上させうる、という研究結果があるそうです。

ネットサーフィンの効果

米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」では、シンガポール国立大学の研究員Don J.Q. Chen氏とVivien K.G Lim博士による研究結果を採りあげ、ネットサーフィンは仕事の生産性を上げると述べています。

この研究では、まず被験者に20分間、テキストの中から「e」の文字にマーカーするという作業を行わせました。その後、被験者を3つにグループ分け。

シンプルな別の作業をするグループ、ネットサーフィン以外なら何でもやってよいグループ、そしてネットサーフィンができるグループに分けて、それぞれ10分間過ごした後、再び「e」をマーカーする作業を行いました。

すると、ネットサーフィンを許されたグループが、明らかに生産性が高く、効果的に作業をこなしたとか。さらに、彼らには精神的な疲れも少なく、より一生懸命取り組んだそうです。

ネットサーフィンは3時のおやつと同じ?

この結果についてLim博士は、「ネットサーフィンは、コーヒーやおやつ休憩のように、疲れを回復させる行動のひとつとなっているのだろう」と考察しています。

もちろん、いつまでもダラダラとネットサーフィンをしていては、仕事ははかどりませんが、時間のメリハリをつけ、休憩タイムの過ごし方のひとつとしてネットサーフィンをうまく取り入れると、生産性向上に役立つかもしれませんね。

あわせて読みたい

Netflixに多言語の字幕をつける簡単な方法

ネットサーフィンやウェブブラウジングで無駄にしている時間をトラッキングするGoogle Chrome拡張機能


Image: lululemon athletica/Flickr

Source: The Wall Street Journal

Melanie Pinola - Lifehacker US[原文

訳:松岡由希子

swiper-button-prev
swiper-button-next