連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

習慣化

性格タイプ別・気持ちの乗せ方、感情の盛り上げ方

性格タイプ別・気持ちの乗せ方、感情の盛り上げ方
Image: LanKogal/Shutterstock.com

あなたは、次のようなことを感じたことがありませんか?

・早起き、運動、勉強など、何をやっても続かない。

・やろうと決めたのに先延ばし、いつも言い訳ばかり。

・好きなことよりすべきことを優先、何をやりたいのかわからない。

・現状に満足せず一皮剥けたいと思っても、いつも現状維持のまま。

一見、それぞれ違うテーマ、違う解決策が必要に見えますが、本質は「自分の気持ちをうまく乗せる」ことができていない、感情のメカニズムを稼働させるコツを掴みきれていないことにあると私は考えています。

行動習慣や思考の習慣、天職を見つけるための習慣まで、あらゆるコーチングをしていますが、うまくいくようになるためには、「自分が乗ることをやるセンス自分が乗らないことをやめる勇気」を身につけることです。そうすれば、人生は好転していくと思っています。

古川武士(ふるかわ たけし)/習慣化コンサルタント

furukawa_prof

約3万人のビジネスパーソンの育成と約500人の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。「続ける習慣」「やめる習慣」など著書は全17冊、計70万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。公式サイト

早起きや運動は、うまく乗せる方法で習慣にする

feelings_01
Image: LanKogal/Shutterstock.com

たとえば、早起きを例にとりましょう。

以前、注目された朝活で早起きが定着したという人もいますが、すべての人がそれでやる気が上がるわけではありません。

有名店のパンを食べるのが楽しみで早起きになる人。朝起きる時間を宣言して自分を追い込むのが好きな人。静かな通勤電車で本を読むことが快感となり早起きが続くようになった人。

朝のジョギングをしてから出社することが1日を好循環にするセンターピンだと感じて継続できている人もいます。

内容だけではなく、挑戦する目標を設定したり、仲間と一緒に楽しんだり、最新のウェアを身にまとって形から入ると、やる気が上がる人もいます。

要するに、自分の気持ちを乗せるためのちょっとした着火の仕方や工夫で、大きくモチベーションは燃え上がるのです。

マインドを変えることは大変ですが、感情のメカニズムを刺激して自分を盛り上げる言葉や方法を見つけて、少し工夫するだけならできそうな気がしませんか?

人生の選び方も、乗るか乗らないかで決める

feelings__02
Image: bioraven/Shutterstock.com

人生のレベルでも、乗るか乗らないかで選ぶことが重要だと思います。

スティーブ・ジョブズは、スタンフォード大学の講演で、次のように語っています。

「あなたの時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。他人の考えに溺れるあまり、あなたの内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなたの心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです」と語っています。

私もすでに、心や直感は自分の望む姿を知っていると共感します。

「では、心と直感に従うためにはどうすればいいですか?」と方法論を聞かれます。こればかりは考えることではなく、心や魂のレベルの反応であって「感じること」です。

その最たるシンプルな問いは、「それって、乗る?、乗らない?」と、自分の内側に深く問いかけて感じる習慣が必要です。

そして、乗ることを増やし、乗らないことを手放していく。そうすると、人生も習慣もうまくまわり出すのです。なぜなら、私たちは感情の生き物であり、乗ることは感情がYESと全面的に応援してくれるからです。

自分の乗せ方、感情を盛り上げるスイッチを持つことで、習慣も人生もうまくまわりはじめるはずです。

【 自分を乗せる欲求 9つのタイプ 】

あなたはどれに強く反応しますか?

1. 完璧を追求したい

2. 人とのつながりを感じたい

3. 目標を達成したい

4. オリジナリティを発揮したい

5. 深く納得いくまで考えたい

6. 安全・安心を感じていたい

7. 常に今を楽しくありたい

8. 力を感じたい

9. マイペースでいたい

これは、個人の特性を9つのタイプに分類したエニアグラムという、性格類型による根源的欲求を取り出した部分です。私たちの感情のメカニズムを知る1つのヒントになります。

人それぞれ持って生まれた性格タイプがあります。私はそれを本質と呼び、それらを変えようとするのではなく、習慣化コンサルティングをするときには、上手に生かすために相手の性格タイプを見極めます。

私の感情を左右するのは、タイプ3と8です。

達成感を感じられないと豊かさは下がります。コントロールできていない状況があると異常に心がざわつき精神衛生が悪くなります。

タイプの2の要素が強い人は、人間関係が豊かさを左右するでしょう。

人に嫌われている、上司との関係が良くないとなれば、ほかのタイプよりもストレスを感じやすいものです。

このタイプの根源にある恐れと欲求は、さまざまな形でモチベーションや豊かさに影響していきます。たとえば、続け方のモチベーションもタイプの違いで生かすことができます。

英語の勉強をするとして、タイプ5であれば、英語の勉強をするにしても納得いくまで情報収集して、これだと納得したら迷いが取れてがんばれます

タイプ2の必要なつながりは一緒に教えてくれる先生やコミュニティかもしれないし、タイプ9の場合は淡々とやり続けるルーティン

タイプ3なら点数を狙った方がわかりやすく燃えることができます。

あなたのモチベーションのパターンはどこにありますか?

まずは、「乗るか?、乗らないか?」、自分に問いかけてみてください。

あわせて読みたい

「人生を変える習慣力」で、豊かな生き方ができる人・できない人の違いがわかる?

モチベーションをつくり出す習慣、「今ここ思考」とは?


Image: LanKogal(1 , 2) , bioraven/Shutterstock.com

古川武士

swiper-button-prev
swiper-button-next