特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

プログラミングが学べて、実用的なIoT製品が作れる一石二鳥のプログラミングキット【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
プログラミングが学べて、実用的なIoT製品が作れる一石二鳥のプログラミングキット【今日のライフハックツール】
Image: Obniz

2020年にいよいよ、小学校でもプログラミングの授業が始まります。子どもの準備が必要なのはもちろんのこと、自分が学んでみたい、という方も多そう。

どうせプログラミングキットで学ぶなら、オモチャではなく実用的なものを作るのはどうですか。

Obnizの『IoTホームキット』は、生活を便利にするIoTリモコンセンサーをつくりながらプログラミングが学べるという、一石二鳥のプログラミングキットです。

英語が苦手でもOK。スマホ画面でブロックを移動させるだけ

Obniz-IoThome-4
Image: Obniz

『IoTホームキット』には、動画など、学習をサポートするチュートリアルが用意されており、ステップ・バイ・ステップでプログラミングが学べます。

プログラミングのやり方は、日本語記述のブロックを移動させるだけの「ブロックプログラム」。英語と数字で書かれたプログラムに抵抗がある方にもとっつきやすそう。

プログラミングが学べて、実用的なIoT製品が作れるIoTホームキット
玄関に置いて、天気予報が雨の日は旗があがって傘が必要なことを知らせる装置にもなる
Image: Obniz

また、パソコンで開発環境を準備しなくてもOK。使い慣れているスマホから、ゲーム感覚で学べます。

ブロックのつなぎ合わせパラメーターを変更すると、ロボットの動きが変わります。そこから次はどう動かすか、試行錯誤していくのが楽しいところ。

Google Homeからのリモコン操作も

Video: obniz official / YouTube

レッスンを進めていくと、Google Homeにお願いして扇風機エアコンを消すことも可能に。

ほかにも、「起床時間にテレビとエアコンの電源ON」などの自動化や、「トイレに誰か入っているかを検知してスマホに表示する」「ライトを自動でON/OFFして時間を記録する」など、自分のアイデアを組み合わせて、さまざまなIoT製品が作れます。

『AIロボットキット』もあります

プログラミングが学べて、実用的なIoT製品が作れるIoTホームキット
Image: Obniz

『IoTホームキット』だけでも、プログラミングやHTMLの基礎マイコンボードとサーボモータやセンサーの組み方外部のサービスとの連携などが学べます。

でも、もう一歩進んだ学びを求めるなら、『AIロボットキット』もよさそうです。

障害物を回避したり白線に沿って走ったりするロボットカーを作ることが可能です。AI自動運転に興味があるなら、いっそう楽しく学べそうです。

どちらもAmazon.co.jpで購入できます。『IoTホームキット』は1万2960円、『AIロボットキット』は1万1880円となっています。

新しいことを学べると同時に、日常生活も便利になって、新生活が一気にレベルアップするかもしれませんよ。

あわせて読みたい

本格的な木工家具をプラモ感覚で作れる『木it(キット)』なら親子で楽しく学べそう

自由研究にもぴったり。小学生でも楽しめるプログラミングおもちゃまとめ


Image: Obniz

Source: Obniz, obniz official / YouTube

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next