連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

お弁当が素早く包めて、そのままバッグになるランチマット。エコバッグとしても便利【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
お弁当が素早く包めて、そのままバッグになるランチマット。エコバッグとしても便利【今日のライフハックツール】
Photo: 山田ちとら

お弁当派の社会人や学生はもちろん、ちょっと出かけるときに便利なアイテムをご紹介します。

マーナの『広がるランチバッグ』はバッグでありながら、広げると円形のランチマットに変身。お花見GWの行楽にも活躍しそうです。

実際にどのように使えるのか、ご紹介しましょう。

一見バッグ。パカッと大きく広がる

広がるランチバッグを広げたところ
Photo: 山田ちとら

『広がるランチバッグ』は広げると平たい円形になり、内側は二重構造になっています。

広がるランチバッグの底板
Photo: 山田ちとら

スリットを開くと、中には着脱可能な底板がついています。この底板の上にお弁当箱を置きます。

中にお弁当が入れやすく、こぼれない

お弁当をスリット内に入れます
Photo: 山田ちとら

すっとスリットの中にお弁当箱を滑らせて入れます。

お弁当を入れて、スナップボタンを閉じたところ
Photo: 山田ちとら

両サイドのスナップボタンを留めます。スリット内の中身は見えず、バッグの中に入れているうちにお弁当箱が傾いて、中身がこぼれてしまうようなこともありません

水筒も重ねて一緒に持ち運べる

お弁当の上に水筒も収納できます
Photo: 山田ちとら

この上に小型の水筒を乗せることも可能。画像の水筒は容量500mL、長さ23.5cmです。

耐荷重は2kgまでとなっていますので、たいていのお弁当箱と水筒なら一緒に入れても大丈夫でしょう。

持ち手を引き上げるだけでバッグに変身

持ち手を引っ張ると、シンプルなフォルムのバッグに変身します
Photo: 山田ちとら

あとは両側の持ち手を引き上げるだけ。

サイドギャザーがくしゅくしゅっと縮まって、バッグの形に早変わりします。

さっとお弁当を包んで外出できる

「広がるランチバッグ」を持って公園へGO!
Photo: 山田ちとら

そのままバッグを持って、公園へ行ってきました。

丸洗いできて衛生的

広がるランチバッグのカラーバリエーション
Photo: 山田ちとら

ポリエステル製なので、直接地面に置いて土ぼこりが付いてしまっても、洗濯機で丸洗いできるのがなにより嬉しいところ。

すぐに乾きます

洗濯しても早乾き
Photo: 山田ちとら

速乾性も抜群だったので、毎日洗うこともできそうです。

エコバッグとして使うのも便利

また、エコバッグとしても使えます。お店のビニール袋のかわりに、買ったものをさっと入れます。

190312_lunchbag_checkoutcounter
Photo: 山田ちとら

こうして『広がるランチバッグ』に収納してしまえば運ぶのが楽ですし、袋代の節約かつ、ゴミを減らせます。

190312_lunchbag_checkingout
Photo: 山田ちとら

このように、お弁当飲み物を一緒に入れれば立派なお花見セットに。そのまま公園に持って行きましょう。

190312_lunchbag_outdoorlunch
Photo: 山田ちとら

小さく折りたためますし、ちょっとしたものを持ち運ぶときに使えるので、カバンにひとつ入れておくと便利だと思います。

『広がるランチバッグ』はグレー×イエロー柄(内側)、ネイビー×ピンクチェック柄(内側)、ホワイト×ネイビー(内側)の3種類のデザインから選べます。

天気がいい日の昼休みは、『広がるランチバッグ』を活用して、職場近くの公園まで足を伸ばしてみてはいかがですか。生活がちょっと豊かになりますね。

公式サイトほか、Amazon.co.jpから購入は可能です。

あわせて読みたい

コーヒーもスープもアイスも、これ1つでおいしさをキープ。保温・保冷するタンブラー【今日のライフハックツール】

結合と分解で1ボトルにも2ボトルにも。用途に合わせて4つの形態になる保温ボトル【今日のライフハックツール】


Photo: 山田ちとら

Source: マーナ

山田ちとら

swiper-button-prev
swiper-button-next