連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

風味豊かな「黒にんにく」を使った、ガーリックバターの作り方

風味豊かな「黒にんにく」を使った、ガーリックバターの作り方
Image: Claire Lower/Lifehacker US

私が初めて口にしたガーリックブレッドは、いたって質素なものでした。

スライスした普通の白パンにマーガリンをたっぷりと塗り、ガーリックソルトを振りかけてトーストしただけだったのです。

本格派とはとても言えない代物ですが、それでもとてもおいしく感じられました。

それをきっかけに、私は今にいたるまで、さまざまな種類のガーリックブレッドを探しては味わうことを人生の楽しみとしてきました。

これまでの体験から、パンにつけるなら焼きニンニクで決まりだと思っていました。

ところが、単に焼いたものよりさらに色が濃く、風味豊かなニンニクがあることを知ったのです。

黒にんにくの食べ方

黒ニンニクは、生のニンニクをまるごと長時間、高温高湿の一定状態に置いて作るものです。

こうしてできあがった黒ニンニクは、熟成が進んで真っ黒になり、非常に甘いのが特徴です。いわば、ニンニクのキャンディーのようなものです。

ただし、臭いの強いニンニクを長時間加熱して作るので、自作は現実的ではありません。

Whole Foods Marketのような高級食品スーパーや、アジア系の食材を扱うマーケットで買い求めることができます。

焼きニンニクが持つさまざまな風味から、鼻にツンとくる臭いや刺すような味をマイナスし、バルサミコ酢を煮詰めたような風味を少しだけプラスしたものを想像してみてください。それが黒ニンニクです。

黒ニンニク
Image: Claire Lower/Lifehacker US

柔らかくてキャンディーのように甘い黒ニンニクは、ソースに混ぜたり、米料理に使ったりと、「普通の」ニンニクが合うものなら、あらゆるレシピに使うことができます。

でも、ここまで読んだきた読者のみなさんなら予想がつくように、黒ニンニクを使った何かに塗るレシピの中で、私が一番気に入っているのは、風味豊かなガーリックバターです。では、そのレシピをご紹介しましょう。

黒ニンニクを使ったガーリックバターの作り方

材料

  • 黒ニンニク:まるごと1房
  • 有塩バター:8オンス(226グラム)

作り方:

  • バターは、全体がすっかり柔らかくなるまで、室温に置いておきます。黒ニンニクは薄皮をやさしく取り除きます(薄皮も、捨てずにとっておきましょう。スープストックを取る時に使えます)。
  • 皮をむいた黒ニンニクをフードプロセッサーの容器に入れます。そこにバターを4等分して加えたら、ニンニクとバターがすっかり混ざり合うまで、プロセッサーにかけます。途中、容器の側壁にバターがこびりつくようならヘラでぬぐいましょう。

こうしてできあがったガーリックバターは、パンに塗っても、目玉焼きに使っても、おいしくいただけます。

さらには、ゆでたてのパスタに1さじ落とせば、これまでに味わったことがないほど最高に洗練されたバターあえパスタを楽しめるはずです。

あわせて読みたい

所要時間7分! 余ったビスケットでしっとり系クルトンを作る方法

想像できないよね? バターにヨーグルトを混ぜてわかった2つのメリット


Image: Lifehacker US

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:長谷 睦/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next