特集
カテゴリー
タグ
メディア

初デートで相手がお酒を飲めないとわかったら? 注意したい3つのこと

初デートで相手がお酒を飲めないとわかったら? 注意したい3つのこと
手をつなぐカップルの後ろ姿
Image: Pixabay

デートというのは大変なものです。単に飲まない/飲めない人や、アルコール中毒の治療中の人にとっては、さらに大変なものになります。

何しろ、初めてのデートでの会話は簡単ではありません。バーでのデートが選択肢に入らない場合、最初の数回のデートの場所に困ることになります。

飲まない人とデートするのに、アルコールに関してどのように話し合うかというTIPSをお探しですか?今回は、2人の専門家に、親密な会話に持っていく方法と、共感することが非常に重要な理由を聞いてきました。

1. 相手からすでに聞いているなら、飲まないことについて話すのは問題なし

赤ワインのグラス2つ
Image: Pixabay

デートの時に、相手が自分は飲まないということをそれとなく伝えていたとします。カウンセリングサービス「Recovery Coach」社長のCindy Feinbergによると、相手がすでに飲まないことについて触れている場合は、そのことについて相手に聞いてもいいようです。

相手がその話題を持ち出していて、最初から自分が治療中であると教えてくれている場合、相手に「そのことについてもう少し詳しく聞きたい」と言うのは悪くないと思います。もちろん、その話題ばかりにしないほうがいいですが、いくつか質問するのは禁句ではないです。

相手が飲まないことについてあなたに話している時は、話に耳を傾けて共感を示すのが一番いい方法です。では、飲まないことについて率直に話している人に、どのように返答するのが一番いいのでしょうか?

Feinbergによると、相手をほめて、それから「私が飲んでも大丈夫ですか?」と続けて聞きましょう。

また、恋愛コーチのConnell Barrettは、その話で盛り上がることもよくあると言います。

私が、元カノと初めてデートしていた時のことです。私たちはバーで会い、私はお酒を飲み、彼女は飲んでいませんでした。

彼女がどうやって今の状態に行き着いたのか、約20分ほど話しました。その話が私の興味をそそり、私たちの仲が深まりました。彼女は飲まないことについて隠すことなくすすんで話してくれました。

2. 話ができない場合は別の日に

しかし、デートで飲まないことに疑問を感じつつ、そのことについて話ができなかった場合は、おそらくその話は別の日に持ち越すのがいいでしょう。

Feinbergは「相手はそのことを恥ずかしいと思っている可能性があります。そのことで自分という人間を判断されるのが怖くて、話したくないのかもしれません。多くの人が、他の話をして取り繕うのを知っています。一番よくある話のひとつが“抗生物質を飲んでいるから、今は飲めないんです”というものです」と言っています。

そういう時は、一緒に過ごすのを楽しみ、そういう話が出やすいようにしていきましょう。

3. 相手に聞いてから飲む

デートの相手が飲まないとわかっている場合は、どのようにデートプランを立てますか?当然ながら、デート場所がバーになる可能性は低いでしょうが、だからといってあなたが飲めないというわけではありません。

Feinbergによると、アルコールにどれくらい接するかは、相手の回復具合によります(また、飲まない人にとっても必ずしもバーが問題なのではありません)。

私はいつも治療初期の人に「無理をせずにベストを尽くしてみましょう。つまり、アルコール中毒なのであれば、バーに行ってみて、飲まない人とだけ付き合うようにしてみましょう」と言っています。

しかし、その人の治療の回復具合によることが多いです。かなり回復している人にとって、デート相手が飲みたくてもそこまで問題ではありませんが、私は泥酔するような人とまだデートしたくないです。

飲まない相手をデートをする問に、自分は飲むというようなことを話すには、どのように会話を始めればいいのでしょうか?

Feinbergは「誰もが、自分のことを気にかけてもらえていると感じたいものなので、“私はあなたと率直に話をしたいと本当に思っているし、ワインを1〜2杯飲むのも好きです。このことについてはどう感じますか?大丈夫でしょうか?”と言うような感じで会話を始めます」と言っています。

またBarrettによると、片方が飲まないからと言って、長くお付き合いができないという意味ではありません。

いい恋愛や関係を続けるのに、一緒にお酒を飲まなければならないのであれば、(両方とも飲んではいけない、もしくは両方とも飲まなければならないというような)共依存の関係を求めているのかもしれません。

私は、お酒というのは、2人が長く付き合っていくのに必要な要素だとはまったく思いません。絆や共感、共通の人生の目標を持つことの方が重要でしょう。

最初の数回のデートがうまくいっているのであれば、飲まないこと(一緒にいる時に飲めないこと)をうまくいかないことの兆候だと解釈しないでください。関係性や率直にコミュニケーションできているかが大事なのです。

あわせて読みたい

初デートのエキスパートが語る、初デートで避けるべき9つの行動

初デートは、毎回同じ場所へ行くべき理由


Image: Pixabay(1, 2

Source: Dating Transformation

Josh Ocampo - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next