連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

花粉対策は口元から。卓上の空気清浄機「Xpure」はきれいな空気を届けてくれる

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
花粉対策は口元から。卓上の空気清浄機「Xpure」はきれいな空気を届けてくれる
Photo: 島津健吾

花粉症は辛い! 目は痒いし、くしゃみや鼻水は出るし、仕事の集中力を完全に奪われている感じがあります。一番の特効薬は薬ですが、副作用に眠気があったりします。これでは本末転倒…。

そこで気になったのが、姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディングをしているピンポイント空気清浄機「Xpure」。口周りの空気をピンポイントできれいにしてくれるというものです。

今回実機を借りられたので、花粉症患者である私が実際に使ってみました。

手のひらサイズのピンポイント空気清浄機「Xpure」

DSC02308
Photo: 島津健吾

ピンポイント空気清浄機「Xpure」は非常にミニマルで、手のひらに乗るサイズが特徴。持ち運びも便利ですし、仕事場で使うときも幅を取りません。

ただその見た目とは裏腹に、空気清浄機、加湿器、扇風機の3つの機能を搭載している優れた家電なんです。こんなに小さいのに、よく頑張ること。

DSC02301
Photo: 島津健吾

MicroUSBで充電が可能で、PCなどに繋いで充電が可能です。一度充電すれば、10時間連続で起動できるので、ポータブルな空気清浄機としても活用できますよ。

ピンポイントな空気清浄を試してみた

DSC02297
Photo: 島津健吾

では、早速仕事で使ってみることにしました。ピンポイント空気清浄機「Xpure」は、ピンポイントというのが一番の特徴。

プロダクトの説明によると、一般的な小型空気清浄機は、その処理できる容量からあまり効果を実感することができませんでした。

一般的な生活空間において、小型空気清浄機を使用して汚れた空気を排除することは難しいことなのです。実際に、人が呼吸する時の空気の量はわずか500ccです。小さな空気清浄機はこの500ccのろ過した清浄な空気をユーザーに提供することに集中すべきです。

つまりは、きれいになった空気をばらまくのではなく、レーザービームのように顔周辺や口元にピンポイントで届ければいいということ。それをこの小ささで実現したのが、「Xpure」です。

DSC02289
Photo: 島津健吾

内側には、取り外しできるフィルターが入っており、これが花粉や空気中のホコリをフィルタリングしてくれます。そして内部には活性炭もあるので、匂いも取り除いてくれます。

そのおかげなのか、実際に使ってみて思ったのは、花粉の症状が少し和らいだのではないか? ということ。非常に判断が難しいのですが、ないよりはあったほうがいいという感じはしました。

扇風機のように空気が口周りに届くので、夏場の扇風機、リフレッシュなどにも使えるかも。年間を通して利用することを考えてみるとコスパは良さげです。

加湿器がなかなか良い

DSC02285
Photo: 島津健吾

空気清浄機というのはなかなか実感しずらいものですが、加湿器はより実感できるものです。雨の次の日に花粉が飛び回ることを考慮すれば、室内はできるだけ加湿しておきたいところ。特に、暖房を使うオフィスではなおさらです。

DSC02287
Photo: 島津健吾

「Xpure」には加湿機能もついているので、自分の周りを加湿しておけます。これも同じでピンポイントでの加湿になるので、無駄がありません。また、アロマオイルを使えば、リラックス効果も期待できますよ。持ち運びできる加湿器をわざわざ買う必要ないので、一石二鳥な感じがしました。

DSC02310
Photo: 島津健吾

Xpureは、現在machi-yaでクラウドファンディング中。先着50名様限定・35%OFFの13,800円で、支援が可能です。

この機会に、1年間を通して使えるコスパ良しの空気清浄機を手に入れてみては?

>>手のひらサイズのピンポイント空気清浄機「Xpure」の支援はこちら

Image: machi-ya

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next