特集
カテゴリー
タグ
メディア

有給休暇を取りたいなら、ハワイでワーケーションしませんか?

有給休暇を取りたいなら、ハワイでワーケーションしませんか?
Image: Snow Peak Business Solutions

この夏、試してみたいことの一つが「ワーケーション(Workation)」

ワークとバケーションを合わせた造語で、日頃の環境とはまったく違うリゾートなどで旅を楽しみながらリモートワークで仕事もするという新しいワークスタイルのこと。

働き方改革、休み方改革が謳われる今こそ、発想の転換をして旅は「ワーケーション」にしてしまえばいいのです。

なぜ、会社員は休みが取りづらいの?

ルーティンワークのあるビジネスマンにとって、長期休みを取って旅行に行くのはハードルが高いもの。

「一生懸命仕事して、旅行に行くぞ!」

「旅行先では、絶対に仕事をしないぞ!」

と意気込むものの、なんとなくパソコンを持っていき、不本意ながら仕事してしまったり、思いっきり遊んだあと、そのシワ寄せに苦しんだり…。

1週間休みたいものなら、段取り、事前準備、実作業、根回し、休暇後のフォローまで、それはそれは負担の大きい重労働でした。

結果、自分も大変だし、誰もフォローしてくれないから休めない。休まない。有給は、あるのに使えない。

悪循環でしかありません。

ワーケーションなら、休んで働ける!?

もし、リゾートに身を置きながらも、オンオフはっきりスケジューリングして、仕事もできるとなれば、モヤモヤ感はありません。

ワーケーション、試してみる価値はありそうです。

(もちろん、リモートワークできる職種であったり、何より会社の理解や承認が必要なのは承知の上で)

ワーケーションのメリットは?

さらに、この4月より法人向けのワーケーション推進サービス「CAMPING OFFICE HAWAII」を開始する株式会社JTBと株式会社スノーピークビジネスソリューションズによると、チーム単位で行うワーケーションは企業が抱える課題を解決できる機会になると言います。

このサービスでは、JTBの現地提携ホテルやレストラン、レジャー施設などを使ったキャンピングオフィスを拠点に、スノーピークのフィールドギアや研修プログラムを活用したオフサイトミーティングの機会が提供されます。

ワーケーションのメリット
Image: JTB/Snow Peak Business Solutions

オフィスとは、まったく違う自然環境に身を置き、社員同士がミーティングやキャンプをともに行うことで、チームビルディングや生産性・働きがいの向上・アイデアの創出など、様々なメリットがあるのだそう。

7つのメリット

1.クリエイティブアイディア

会議室では出てこない、クリエイティブなアイディアの創出が可能。

2.チームビルディング

テントを立てる、料理を作る、片付ける。共同作業を共に行うことでチームが1つとなり絆が深まる。

3.ビジョンシェアリング

自然の中での熱いトークは肩書きを越えて本音を出し合う絶好の機会。

4.クラウドリテラシー

テクノロジーの進化を認識し、それに対応できる人財に。

5.モラルエデュケーション

次に使う人のために何をしておくべきかを考える機会が、普段の仕事のクオリティを上げる。

6.コストダウン

ホテルや研修施設を利用するよりも大幅にコストダウンが可能。

7.クライシスマネージメント

災害時に企業活動を行うための備えになる。

ワーケーションで、有給休暇の取得促進を

さらにたっぷり頭を使った後でもリフレッシュポイントが、すぐそばにあるというのがワーケーションの最大の魅力。

ハワイであれば、勤務時間以外は泳いだり、買い物に出かけたり、ただゆったり過ごしたりと、アクティビティも選択肢も幅広く、有給休暇をプラスすれば、旅もしっかり満喫できそうです。


旅に出たいのになかなか行けないと諦める前に、ワーケーション!

「ワーケーションにすれば、生産性も上がってストレスフリーになれます」と、上司や同僚にプレゼンしてみては。

あわせて読みたい

ノマドワーカーが教える、旅しながら仕事のモチベーションを保つポイント4つ

旅のプロ直伝!旅先で仕事をする8つのヒント

Source: CAMPING OFFICE HAWAII,PR TIMES

Image: JTB/Snow Peak Business Solutions

ライフハッカー[日本版]編集部 丸山

swiper-button-prev
swiper-button-next