連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ぼかし加工を一瞬で。被写界深度を持たせられるスマホアプリ「DPTH」

  • カテゴリー:
  • TOOL
ぼかし加工を一瞬で。被写界深度を持たせられるスマホアプリ「DPTH」
Image: Pexels

最新のスマートフォンにはたいてい、3D写真を撮影したり、被写界深度のある写真(背景をぼかした写真)を撮影する機能が搭載されています。

こうした写真を撮影するにはカメラが2つ必要です。そうでないスマートフォンを持っている人は、2次元の写真に甘んじるしかありません。あなたもその1人? それなら、『DPTH』を試してみましょう。

iOSAndroidで使えて、普通の2D写真を、人工知能を使って被写界深度で遊べる写真に変換してくれます。

背景をぼかした写真に加工できるアプリ

私も何枚もの写真で試してみましたが、効果は写真のタイプによって変わるようです。全体的にピントが合っている写真が一番効果を実感できました。

単純に、そのほうが、アプリが調節できる範囲が増えるからです。

たとえば、犬やビールを撮った写真で、すでにボケ効果が少しかかっている写真は、あまり変化を感じることができませんでしたが、全体的にピントが合っている写真では、できることが多く、アプリの効果が感じられました。

下の動画にアプリを使う様子があります。

それほど頻繁に使うアプリではありませんが、古いスマートフォン(や古いスマートフォンで撮影した写真)でボケ効果をすばやく簡単に得られるのは便利です。

下は、私が普通に撮影したパペットの写真。

たくさんのパペット人形が並んでいる棚
Photo: E.Price

そしてこちらが、DPTHを使って、ねずみのパペットにピントを合わせた写真です。

背景をぼかしたパペット人形写真
Photo: E.Price

ささやかな機能強化にすぎませんが、1つ持っておくと楽しく遊べるアプリ。

DPTHは、将来的に3D写真も作れるように開発中だそうで、そうなったら、さらに楽しくなりそうですね。

あわせて読みたい

Androidスマホで最高の写真を撮るための心得6つ

iPhoneがスキャナーになる照明。レシートの撮影をするだけで家計簿もつけられる【今日のライフハックツール】


Source: DPTH

Image: Pexels

Photo: E.Price

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳: 伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next