特集
カテゴリー
タグ
メディア

世界各地で働いてる同士でもスケジュール管理が楽になるアプリ「Tropic」

世界各地で働いてる同士でもスケジュール管理が楽になるアプリ「Tropic」
時差を考慮したコミュニケーションが可能に
Image: Tropic

ここ数年、チームが別々の場所で働くことがどんどん普通になっています。メンバーが異なる都市に住んでいるなんてことはざらで、場合によっては住む国もバラバラなんてケースも珍しくありません。

そのため、時差を考慮したコミュニケーションが必要です。

時差やシフトの違う相手のスケジュールを一覧に

そんなときに便利なのが、Tropicというコラボレーションツール。

各自スケジュールと所在地を登録しておけば、時差を気にせずにチーム全員のスケジュールを一覧できます

このアイデアは、世界各国・住む場所の違いによる時差だけでなく、シフト勤務の違いによる時差にも対応できます。

たとえばボブさんはあなたと同じ町に住んでいますが、勤務時間は11時から19時です。

ジェニーは今週、ロンドンのオフィスにいます。

そんなときにTropicを使えば、あなたを含めた3人のスケジュールが合う時間帯を表示してくれるのです。

出張の多い人やリモートワーカーに便利なツール

nzaodrn1k9akcmanapbm
多様な働き方に対応するチャットアプリだ
Image: Pexels

このツールを使うには、チーム全員のサインアップが必要です。ジェニーがロンドンに行くときは、ジェニーが出張計画を入力しなければなりません。

10人以下のチームは無料ですが、11人以上からは1人当たり月額1ドルの料金がかかります。

とはいえ、出張が多いチームやバラバラで働いているチームにとっては、すこぶる便利なツールです。

チームメイトの時間帯をいちいち調べなくていいのは、本当に楽ですよ。


あわせて読みたい

自分に関係ないチャンネルからは退出しよう! 勤務時間外の「Slack」から逃れる方法

Slackを最大限に利用するための基本テクニック15個


Source: Tropic

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳: 堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next