特集
カテゴリー
タグ
メディア

日焼け止めは、SPFだけでなくUVA防御力が高い製品が必須になる

日焼け止めは、SPFだけでなくUVA防御力が高い製品が必須になる
Image: Gettyimages

FDA(アメリカ食品医薬品局)が先日発表した日焼け止め製品に関する規則案によると、まもなく日焼け止め製品に新しいラベル表示が追加されることになりそうです。

今後、UVA(日焼けは起こさないが肌にダメージを与える紫外線)を防御する日焼け止めが手に入りやすくなるということ。

日焼け止めの一部の成分の安全性を疑問視

日焼け止め製品に含まれる成分の多くは、ローションのような非SPF製品とかなり似通っています。

違いは、日焼け止めには、紫外線を反射、あるいは吸収する特別な成分が入っているということです。

現在、16の成分がこうした目的のために認可されており、そうした成分を含んだ製品が市場に出回っています。FDAは先日、以下の発表を行いました。

「一般的に安全で効果がある」と認められている成分は2つだけ(酸化亜鉛と二酸化チタン)である。これらの成分は、紫外線を肌の表面で物理的に反射する日焼け止め剤である。

・PABAとサリチル酸トロラミンの2つの成分は、一般的に安全で効果があると考えるべきではなく、今後の日焼け止め製品において使用することは許可されない。

・他の12の成分については、FDAとして決定を下すに足る十分な証拠がそろっているとは考えられない。FDAは製造業者にさらなる試験の実施とデータの提出を求める予定である。

成分について再検討を行った理由の1つは、日焼け止めに関する初期の規則が、消費者は低SPFの日焼け止めを少量使うだけであり、また、それほど多くの成分が皮膚に吸収されることはないという仮定のもとに設定されていたこと。

現在では、想定より多くの成分が皮膚に吸収されることがわかっており、その前提においても製品が安全であるかを確かめるために追加のテストが必要だと考えられます。

UVA防御力が高い日焼け止め製品が出回るようになる

肌を傷める太陽光線には2つの種類があります。

UVBは、いわゆる日焼けと言われる炎症を引き起こし、UVAは時間の経過とともに肌の肥厚やシワを引き起こします。(その他の太陽光線もこうした現象を引き起こすが、主にUVBとUVAの研究に蓄積がある)

UVAはガラス越しでも肌に届き、日焼けをあまりしない季節や時間帯でも影響を及ぼします。また、どちらの光線も皮膚がんの原因となります。

日焼け止め製品のSPF表示は、その製品がUVBをどれだけ防御するかを示しているだけです。

UVAを防御するかどうかを判断するには「broad spectrum(広域スペクトラム)」という表示を探してください。現在のところ、米国の商品表示の場合UVA防御の強さを判断する方法はありません。

SPFが高い日焼け止め製品でもUVA防御が弱いものはありますし、そうであるかどうかは太陽の下で時間を過ごしても判断できません。

FDAは、将来的には、SPF15以上のすべての日焼け止め製品が、広域スペクトラム対応になるべきだとしています。

日焼け止め製品は、現在よりもUVAスペクトラムへの防御を強化するべきであり、UVA防御の強さが全体のUV防御の強さと一致する必要があるともされています。

つまり、SPF50の日焼け止めは、SPF15の日焼け止めよりも強いUVA、UVB防御が期待されるべきだということです。

市場の日焼け止め製品が大きく変わる可能性も

環境NGO「Environmental Working Group」の上級科学者David Andrews氏は、先日の記者会見で、「本日の発表は、日焼け止め製品の配合方法に大きな変化をもたらすだろう」と語りました

(米LHはこの団体に対していろいろ思うところもあります(英文)が、彼らが業界を注意深く監視しているのは事実です)。企業も、規則が実際に施行されてから(何カ月か、何年か後に)

急に慌てたくはないはずなので、今のうちから自社製品をどのように再構築するのか考え始めるはずです。

そのほかに予想される変化は:

・日焼け止めと虫除けスプレーを組み合わせた製品がなくなる可能性がある

(農薬とパーソナルケア製品では表示要件が異なるため。また、こうした組み合わせ製品はまだ十分にテストされていないため)

・日焼け止めパウダー、シート、シャンプーなどの製品は、製造メーカーが追加の試験を行わないかぎり、不認可となる可能性がある。

・SPF15未満の日焼け止めは、市場から一切なくなる可能性がある

(決定されたわけではないが、FDAのドキュメントに言及があり、こうした製品にどんな意味があるのかと疑問が投げかけられている)

・過剰に高いSPF値を表示することが許されなくなる。

推奨される上限は「60+」であり、最大でも80までとなる。

SPFが高いほど効果があることを示す研究(英文)もあるが、こうした数値システムが、消費者にとって意味のあり、信頼できるものあるかについては議論が必要である。


※本記事は、Lifehacker USの翻訳記事であり、米国で発売される日焼け止め製品にのみ当てはまる規制の変更について取り扱っています。今後、米国製品の化粧品や日焼け止めを個人輸入や並行輸入品でお求めの際の参考までに。

あわせて読みたい

日焼け止めを使わなかったら、5年後あなたの顔はこうなる

40代の女性が20代の自分に贈る5つの教訓


Image: Gettyimages

Source: Environmental Working Group

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳: 伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next