特集
カテゴリー
タグ
メディア

家電をスマホや音声で操作可能にする「スマート家電リモコン」

  • カテゴリー:
  • TOOL

Sponsored By SB C&S株式会社

家電をスマホや音声で操作可能にする「スマート家電リモコン」
Photo: 木原基行
Image: Leone_V/Shutterstock.com

日常生活に潜む小さなストレス、感じていませんか。

「切り忘れたエアコンの電源を消すために家へ逆戻り」「帰宅した部屋が寒すぎ・暑すぎて、すぐにくつろげない」。日ごろのちょっとしたことが大きなイライラへとつながってしまいます。

しかし、こんな困った状況を解決してくれるのが、屋内外から家の赤外線リモコン付き家電製品をコントロールして、快適な空間をつくり出す、注目のIoTデバイススマートリモコン」です。

そこで、最新の『スマート家電リモコン』を使って、家中の家電製品を買い替えることなく、スマート家電に変身。これまでの生活や気分を変える活用方法を紹介します。

家電のリモコンを一元管理。スマホアプリでカンタン操作

kaden_remocon_06
スマート家電リモコンは、縦横45mm×厚さ15mm、重さ16gと驚くほどのコンパクトサイズ。赤外線が届く有効範囲は最大30m。壁掛けにも対応しているので、設置場所を選びません。
Photo: 木原基行

スマート家電リモコンは、テレビやオーディオ、エアコン、照明など、複数の家電製品のリモコンを一元管理。家のWi-Fiルーターとスマート家電リモコン、スマホアプリを接続して、さまざまな設定・操作がスマートにできます。

【 家電製品のリモコン登録と操作方法 】

・スマホアプリ「スマート家電コントローラ」をインストール。

・家のWi-Fiルーターを介して、スマート家電リモコンとスマホアプリを接続。

・家電製品のリモコンをスマホアプリに設定。

・スマホアプリで操作すると、スマート家電リモコンからの赤外線信号で家電製品が作動します。

kaden_remocon_01
スマホアプリで、家中の赤外線リモコンをカンタンに設定・登録できます。
Photo: 木原基行 Image: ライフハッカー編集部 , Maksym Drozd/Shutterstock.com

とはいえ、最初に複数の家電製品のリモコンを登録するのが面倒、と思うかもしれませんが、スマホアプリには既存の家電製品380機種以上(2019年2月現在)のリモコンがプリセット家電商品のジャンル・メーカー・機種を選択するだけで登録できるので、手間がかかりません。

しかも、リモコンボタンの配置がほぼそのまま反映されるので、使い慣れた操作感ですぐに利用できます。もちろん、プリセットされていない場合は、手動でのリモコン登録も可能です。

また、学習機能を活用することで、エアコンの場合、冷房・暖房・湿度・風量・風向きなど、好みの設定を登録することもできます。

kaden_remocon_02.2
Photo: 木原基行
Image: Leone_V/Shutterstock.com , ライフハッカー編集部

一度、設定・登録すれば、邪魔で散らかりやすい既存のリモコンはもう必要ありません。スマホアプリで快適な空間をつくり出して過ごしましょう。

1タップで複数家電が作動。遠隔操作で帰宅時の心地よさを演出

kaden_remocon_03
Image: Silatip/Shutterstock.com

スマート家電リモコンを使うメリットは、複数の家電製品のリモコンを集約するだけではありません。ここでは、効率的に毎日の生活を心地よくできる便利な2つのハックを紹介します。

1つめは、マクロ機能タイマー予約の活用です。マクロ機能では、テレビとレコーダーの電源を同時に入れるなど、1つのボタンに複数の操作を登録できます。照明やエアコン、テレビなどのAV機器ほか、ライフスタイルに合わせて登録すれば、面倒な手間をショートカットして、すぐに次のアクションができます。

また、タイマー予約では、朝起きる時間に合わせて、エアコン、テレビ、照明などの電源を一斉に入れることもできるので、心地よく目覚めたり、朝の慌ただしい時間を快適な室内で過ごすことができます。タイマー予約は時刻だけでなく、「1回のみ・繰り返し」と「曜日指定・毎日・平日・土日」の組み合わせでカスタマイズできるので、さまざまなシーンで活用できそうです。

kaden_remocon_04
image: ラトックシステム株式会社

2つめは、遠隔操作です。スマホがネットワークにつながっていれば、外出先からスマホアプリを操作して家電製品を作動させることができます。たとえば、帰宅前にエアコンの電源を入れて、快適な温度の空間をつくり出したり、長期不在のときは、定期的に照明の電源を入れることで防犯対策にもつながります。

また、遠隔操作で大きな役割を果たすのが、スマート家電リモコンに搭載された温度・湿度・明暗の各センサー。室内の状況はスマホアプリで確認できるので、エアコンや照明の消し忘れに気づけば、外出先から電源を切ることもできます。

ほかにも、留守番をしているペットがいる場合は、温度センサーをこまめに確認。エアコンを適温に調整すれば、外にいても家のペットを守ることができます。

スマートスピーカーとの連携で、音声で快適空間に変身させる

kaden_remocon_05
Photo: 木原基行

スマート家電リモコンは、スマホアプリだけでなく、スマートスピーカーと連携した音声による操作もできます。たとえば、テレビならチャンネルやボリュームの変更、調光機能がついた照明なら明るさの調整、エアコンでは運転モードや温度、除湿の設定なども音声だけで行えます。

対応するスマートスピーカーは、「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」のいずれかを搭載したデバイス。このデバイスとスマート家電リモコンをWi-Fiルーターで接続・設定すれば、「OK Google、暖房を25度にして」「アレクサ、テレビを1チャンネルにして」と話しかけるだけで家電製品をコントロール。料理や掃除など家事で手が離せないときにはかなり便利です。

さらに、Googleアシスタントのルーティン機能、Amazon Alexaの定型アクションを使えば、「おはよう」「おやすみ」と話しかけるだけで、エアコン、テレビ、照明などの家電製品を一斉に作動させたり、電源を切ったりすることが可能です。ベッドから話しかけるだけで快適な空間にできるのは、ちょっと近未来的な感覚で楽しめそうです。

また、スマホからの音声による操作には、SiriGoogleアシスタント、それぞれの音声入力機能を活用する方法もあります。スマートスピーカーがない場合でも音声操作ができるので、ぜひ試してみたいですね。

スマート家電リモコンを活用すれば、日ごろ感じているリモコンにまつわる不便さやちょっとしたストレスから解放されるだけでなく、屋内外からいつでも快適な空間を実現することで、生活の満足度が上がり家での過ごし方がより充実した時間に変わるかもしれません。新生活を迎えるこれからの時期、スマート家電リモコンで今の生活を少し便利に、快適にアップグレードしてみませんか。


Photo: 木原基行

Image: ラトックシステム株式会社 , Maksym Drozd , Leone_V , M-vector , Silatip/Shutterstock.com , ライフハッカー編集部

Source: スマート家電リモコン

林田孝司

swiper-button-prev
swiper-button-next