連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

マネー特集─MONEY SHIFT 2019

まだ間に合う? 手間のかかる“確定申告”を手軽に効率よく終わらせる方法、教えます

Sponsored By 株式会社マネーフォワード

まだ間に合う? 手間のかかる“確定申告”を手軽に効率よく終わらせる方法、教えます
Image: metamorworks/shutterstock

個人事業主やフリーランスの方々にとって、2月から3月にかけては、憂鬱な時期。そう、「確定申告」です。

2018年分(平成30年分)の確定申告期間は2019年3月15日まで。年度末で忙しい時期ということで、「確定申告、間に合う?」と不安や焦りを感じているのではないでしょうか?

でも、パソコンやブラウザ上で行うクラウド型確定申告ソフトや、経費精算アプリをフル活用すれば、手間をかけずに確定申告を終わらせることが可能です。

そこで、「マネーフォワード クラウド確定申告」を活用した、忙しい合間のスキマ時間など、短期間で確定申告を終わらせるハック術をご紹介します。

手間と時間がかかる入力作業を大幅に削減する3つの方法

moneyforward_01
Image: Satori Studio/shutterstock

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間に発生した所得や経費から、所得税および復興特別所得税の額を計算し、税務署へ申告する手続きです。

個人事業主やフリーランスの方が行うのはもちろんですが、会社員の方でも、副業などの収入から経費を引いた金額が年間20万円を超えている場合は、確定申告が必要になります。ここ、知らなかった方も多いのではないでしょうか。

確定申告には、白色申告青色申告があります。それぞれ基礎控除は38万円。青色申告はさらに、記帳する帳簿によりさらに10万円控除、または65万円の控除を受けることが可能です。要は、より細かい帳簿を付けることで収入金額から差し引かれる控除額がアップするのです。

しかし、確定申告には高い壁があります。そう、1年間の所得と経費のすべての記帳が必須。1年間分なので、かなりの重労働です。

そこで活用したいのが、この面倒な入力作業をサクサクこなしていける、マネーフォワード クラウド確定申告の3つの方法です。

1. 銀行口座やクレジットカードの取引明細を自動入力

moneyforward_02
Image: マネーフォワード

一番簡単な方法が、銀行口座の支出入やクレジットカードの取引明細を自動で取得する方法です。金融機関により1〜3カ月程度と、履歴の取得期間は異なりますが、金融機関からダウンロードした取引明細のCSVファイルなどがあれば、それを取り込むことも可能です。

確定申告の作業で、もっとも頭を悩ませるのが勘定科目仕訳作業ですが、それも取得した取引明細から推測して自動提案してくれるので、手入力による作業が大幅に削減されます。

また、一度設定してしまえば、翌年分も自動取得をしてくれるので、来年以降の作業がラクになります。

2. 撮影した領収書をデータ化し明細を自動入力

moneyforward_03
Image: クラビス

経費の支払いは、現金で支払うこともあるでしょう。しかし、溜まった領収書を1枚ずつ手入力するのは面倒な作業。「これ終わるのかな...」と絶望的になってしまうことも。

そんなときは、仕事のスキマ時間を利用して、スマホとPC対応の経費精算アプリ「STREAMED」を活用しましょう。

使い方は簡単。スマホのカメラやスキャナーを使って領収書をスキャン。その画像データをSTREAMEDのクラウドにアップロードするだけ。

AIによる自動仕訳、OCRによる自動入力に加え、熟練のオペレーターによる二重チェックが行われるので、手入力に比べたら断然ラクで、手入力に比べ正確性もアップ。データ化にかかる時間は1営業日以内とスピードも抜群です。

STREAMEDにより作成された仕訳データをCSVデータで出力。マネーフォワード クラウド確定申告にアップロードすることで、自動的に帳簿に入力されます。つまり、領収書を撮影またはスキャンするなど簡単操作で、帳簿記入が終了するということ。かなりの手間を軽減できます。

効率的な作業は、かける時間を限定することで集中度やモチベーションを高めることが大切。確定申告に必要な領収書の作業も、時間を決めて行うことで効率と生産性をアップさせましょう。

STREAMEDの料金は、自動データ化できる領収書の月間枚数により3プラン。経費計算に必要な領収書の枚数に合わせてプランを選ぶことができます。

3. 表計算ソフトのデータを取得、調整、登録

確定申告の際にExcelなどの表計算ソフトを使っている方も多いことでしょう。使い慣れていれば問題ないとは思いますが、自分で手入力するため、入力ミスや計算ミスなどが起こりやすいという欠点があります。

マネーフォワード クラウド確定申告なら、Excelなどに手入力した取引明細のデータを取り込み、確認や調整して簡単に記帳を完了させることができます。これにより、帳簿への転記の際のミスを大幅に軽減させることができます。

人の手が入る余地が少なくなることで、計算ミスも起こりにくくなるというメリットが生まれ、結果的に、スムーズに確定申告の作業を終えることができる。それを実現できるのが、マネーフォワード クラウド確定申告なのです。

仕上げは、空き時間に記帳内容を確認するだけでOK

moneyforward_04
Image: aodaodaodaod/shutterstock

マネーフォワード クラウド確定申告および、STREAMEDを使って、支出入の取引明細の記帳を終えれば、あとは記帳内容の確認と承認をするだけ。これで帳簿作成が完了します。

ここでポイントが1つ。記帳内容の確認は、ノートPCはもちろん、スマホアプリからも作業が行えるので、打ち合わせ後のカフェや、自宅のリビングなど、空き時間にリラックスできる空間で行いましょう。

確認作業は最後の仕上げの作業なので、ミスは禁物。リラックスしている時間は、作業精度や効率がアップするので、ミスの軽減にもつながります。

マネーフォワード クラウド確定申告は、勘定科目を修正・登録をすると、その仕訳ルールを学習してほかの取引明細に反映されます。使い続ければ続けるほど精度は高くなっていき、仕訳ミスも軽減。作業効率がどんどん上がっていくのです。

帳簿の確認・承認作業が終われば、あとは確定申告書を作成するだけとなります。

「わからない」がなくなる充実したサポート。提出書類も自動作成

moneyforward_05
Image: Mathias Richter/shutterstock

マネーフォワード クラウド確定申告を使った自動化・省力化により、確定申告は手軽でスムーズに行えるようになるはずです。

しかし、そうは言っても確定申告は奥が深いもの。作業中にわからないことも出てくるはずです。疑問や不安が生じたら、迷わず知識や経験豊富な人に聞くのが問題解決への近道。自分一人で悩んでいても自体は好転しないものです。

そんなときでも、マネーフォワード クラウド確定申告なら安心。サポートサイトはもちろん、電話やメール、チャットなど、サポート体制が充実しています。ちょっとでも疑問が生じたら、気軽に相談できるのはありがたいですね。

※電話サポートは、「あんしん電話サポート付きベーシックプラン」のみとなります。

しかも、確定申告の締め切り日となる3月15日までは、通常の平日(10時30分〜17時)に加え、休日(土曜・日曜)の13時〜17時まで、チャットでの問い合わせに対応しています。これなら平日が忙しい方でも安心です。

さらに今なら、年額プランに登録をすると「マネーフォワード クラウド確定申告 公式ガイド」のプレゼントキャンペーンも実施中。確定申告の作業中に疑問が生じた場合でも、すぐに解決することも可能です。

さて、すべての作業を終えたら、最後は確定申告書の作成となります。マネーフォワード クラウド確定申告は、確定申告に必要な書類を自動的に作成。オンラインから確定申告ができるe-Taxにも対応。確定申告の最後の作業も悩むことはありません。

年に一度の確定申告は、作業も料金もお手軽に!

moneyforward_06
Image: マネーフォワード

確定申告をしっかりサポートしてくれるマネーフォワード クラウド確定申告。気になるのはその料金です。

プランは3つ。年間の仕訳件数が50件までの「フリープラン」、仕訳件数が無制限でメールやチャットのサポートが使える「ベーシックプラン」は月額800円(年間8800円/税抜)、電話サポートにも対応した「あんしん電話サポート付きベーシックプラン」は年間1万7200円(税抜)となっています。

確定申告の作業が、手軽で正確にできるならかなりお得に感じます。副業を行っている会社員の方で仕訳件数が少ない方は、フリープランでもまかなえるかもしれませんね。

個人事業主やフリーランスの方にとって、確定申告は年に1回の大きな行事。マネーフォワード クラウド確定申告なら、時間に追われ慌てることなく、手軽に確定申告という大きなイベントをクリアできそうです。

また、マネーフォワード クラウド確定申告を使えば、銀行口座やクレジットカードの連携・登録、仕訳ルールなどは引き継がれるので、来年の確定申告も問題なし。年々作業がラクになっていくはずです。

確定申告は、最初の一歩が大切。マネーフォワード クラウド確定申告を相棒に、スキマ時間を有効活用して、まずは2018年分(平成30年分)の確定申告からはじめてみませんか?

「マネーフォワード クラウド確定申告」の登録は、こちら>>


Image: マネーフォワード , クラビス , metamorworks , Satori Studio , aodaodaodaod , Mathias Richter/shutterstock

Source: マネーフォワード クラウド確定申告 , クラウド確定申告のサポート , 「マネーフォワード クラウド確定申告 公式ガイド」プレゼントキャンペーン , STREAMED

三浦一紀

swiper-button-prev
swiper-button-next