特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

キノコ栽培キット5種を育成! 自分にピッタリなキノコが一目でわかる一覧つき【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
キノコ栽培キット5種を育成! 自分にピッタリなキノコが一目でわかる一覧つき【今日のライフハックツール】
Photo: 今井麻裕美

以前、『シイタケ栽培キットもりのしいたけ農園】』 についてご紹介しました。飽きるほど食べまくったので、やはり気になるのは、ほかのキノコ栽培セットはどうなのか、ということ。

そこでメーカーの森産業に、ぜひ栽培比べをしたいのですが…とお願いしたところ、快くご提供をいただきました。

エリンギ栽培キット【もりのえりんぎ農園】』、『ブナシメジ栽培キット【もりのぶなしめじ農園】』、『ヒラタケ栽培キット【もりのひらたけ農園】』、『ナメコ栽培キット【もりのなめこ農園】』、『エノキ栽培キット【もりのえのきたけ農園】』の5つです。

各キノコ栽培キットの特徴食レポを含めた、5種類のキノコと暮らした約3カ月をレビューします。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

ただし厳密にいうと、シイタケの2回目、3回目の栽培も行っていたので、6種類のキノコを同時栽培していたことになります。

記事の最後に、各キノコ栽培キットの比較ポイントにして掲載。自分のライフスタイルに合ったキノコが一目でわかるようにしましたので、どうぞご覧ください。

ブナシメジとナメコの栽培キットが届いた

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

キノコの種類が違えば、もちろん性質が異なります。キットをセットしてから生えるまで、ナメコは3~4週間ブナシメジが2~3週間そのほかのキノコが2週間とのこと(生き物なので、あくまで目安です)。

時間のかかるナメコとブナシメジを2週間先に開始しました。なぜなら、すべてのキノコが一同に生えてほしかったからです。イメージは、さまざまな菌が生えている『ナウシカ』の秘密の部屋…!

キノコ栽培キットの準備

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

今回紹介する5つのキノコ栽培キットの準備の手順は、すべて同様のことをします。

まず、箱から取り出したら、栽培ブロック上面の5cmほど上で、袋の上部をカットします。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
栽培キットによって硬さが違うので、ポロポロとかきだすものもあれば、クリームのようにネトっとしたものをかきだすものもあります。
Photo: 今井麻裕美

栽培ブロックの上面の白い膜の部分をかき取ります。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
ものによっては浮いてくるので、けっこう水を注ぎます。うしろはシイタケ栽培キットを3回目のために吸水中
Photo: 今井麻裕美

水を注ぎ、栽培ブロックが水に浸るようにし、30分たったら水を捨てます。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

保温のため、付属の赤玉土を栽培ブロックの表面にかけます。

収穫するとき、キノコにくっついて取るのが手間なのと、土を抱きこんで成長するため、食べないように下部をカットする必要があるので、気温が高いなら控えめでいいかもしれません。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

付属の栽培袋にいれて、呼吸できるように洗濯バサミやクリップでゆるくとめて完了。

だいたい2日に1回、土が乾いて色が薄くなってきたら、霧吹きで水を補給します。土が黒い状態をキープするように。

直射日光と高温を避け、日中は10~18℃(ナメコは10~15℃)、夜間の最低気温が15℃(ナメコは10℃以下になる環境に置くのが良いそうです。

私が栽培していたのは、冬場に日中も10℃以下の日もありましたが、問題ありませんでした。でも、今からがベストシーズンでしょう。

注意点

培養土が丸太のように固められているシイタケ栽培キットと異なり、袋の中に培養土が入っています。底が平らではないので、少々不安定です。

立てにくい場合は写真のように鉢皿に入れると取り回しがしやすいです。

日常の管理はパッケージの箱の上部をカッターやハサミで切り取って、スタンドに工作するのもいいのではないかと思います。

ブナシメジ1週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

エノキタケ…じゃない、ブナシメジが生えてきました。でも、白くて細くてエノキタケそっくり。

あまり赤玉土がかかっていない、フチのほうから生えてきています。ちなみに、ナメコはまったく変化なしで、ちょっと不安に。

ブナシメジ2週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

カサ部分が丸く膨らんで茶色っぽくなり、ブナシメジの姿に。

ナメコ2週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

ナメコも、ようやく生えてきました。左上部分のやはりフチのあたりに、水分を多く含んだ質感で赤茶色のカサが見えています。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

エノキタケとエリンギ、ヒラタケも追加で送っていただいたので、開始します。

エマージェンシー発生

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

こ、この物体は…!? エリンギの栽培キットの箱をあけると、袋の中ですでに成長してしまっていました。表面をかきとっていないので、上にいろいろくっついているし、大丈夫なのか

メーカーに問い合わせたところ、生えてしまったキノコをかきとれば1からスタートできます、とのこと。

生き物なので、そういうこともあるでしょう。もしも届いたときに同じことがおきていたら、慌てずにリセットしてください。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
左ナメコ、左奥エノキタケ、真ん中エリンギ、右ブナシメジ、右奥ヒラタケ
Photo: 今井麻裕美

そこで、生えているエリンギ的なものをかきとって、栽培ブロックを水にひたして、赤玉土をのせました。気をとりなおして、スタートです。

ブナシメジ、ナメコ3週間後。エノキタケ、ヒラタケ、エリンギ1週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
左ナメコ、左奥エノキタケ、真ん中エリンギ、右ブナシメジ、右奥ヒラタケ
Photo: 今井麻裕美

ナメコブナシメジは3週間たって、食べごろに。遅れてスタートしたエノキタケヒラタケは、開始1週間なのに早くも小さなキノコが生えてきていますエリンギは、リセットしたせいか、変化なし。

ナメコとブナシメジを収穫

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

ナメコは、一番大きいサイズが7センチほどで、市販のものと比べると非常に大きいです。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

ブナシメジは、最大7.5センチほど。

ナメコとブナシメジの実食

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

ナメコといったら、やはりネギと豆腐でナメコ汁でしょう。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

ブナシメジは、とけるチーズオムレツにしてみました。

気になるお味は、どちらのキノコもすごくみずみずしくて、食感がサクサクしています。

「繊維」っぽくなく、1本1本の組織がしっかりしていて水分を含んでいるために、それぞれが主張しているのが、サク感を生み出している。

特にナメコのほうは、市販のものとの違いが大きい。口いっぱいにほおばると、その食感とともにしっかりとしたキノコの風味も感じ、ちょっと感動するほど。目的を栽培の面白さではなく、「食べるために購入していいレベル

ヒラタケ1週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

このとき、ヒラタケ1週間目。まだ白く、カサもはっきりわかりません。

ヒラタケ2週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

もう1週間たつと、一気に成長。ダークグレイと白のコントラストが何だかかわいいです。

ヒラタケ3週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

立派なヒラタケに。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

最大で9cmほど。スーパーで売っているものより、大きいです。

ヒラタケを実食

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

チンジャオロースに入れてみました。ヒラタケの魅力、コリコリした歯ごたえが強く感じられます。食べ応えは抜群

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

素材の味がよくわかるよう、シンプルに酒蒸しにもしましたが、ちょっと塩をふっただけで十分な旨味を感じました。

エノキタケ1週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

天然に近い、茶色いタイプのエノキタケが出てきました。土にまみれたような色でわかりにくいので感動は少ないですが…。

エノキタケ2週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

カサが出てきました。このまま丈が伸びれば、市販のエノキタケのようになりそうです。

エノキタケ3週間後

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

丈の伸びはそこそこに、一緒にカサも成長して広がってしまいました。

シイタケのように開ききらないほうが食べごろかと思ったのですが、ナメコを山に採りにいく方の話によると、「天然の場合は、開いた方を好んで採る人も多いよ」とのこと。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

最大で10cmほど。市販のものに比べると、カサが大きく太く短いです。

エノキタケを実食

キノコ栽培キット5種を比べてみた
なめたけの作り方は、エノキタケを酒で蒸して水分が出たところに、みりんとしょうゆを入れて煮詰めるだけ
Photo: 今井麻裕美

エノキタケを存分に味わうため、なめたけを作ってみました。

市販のものとは違い、サクサクした食感が強くて、キノコそのものの風味が強くておいしいです。パスタに使う場合もダイエット用のかさましではなく、主役の素材となりそうです。

お味噌汁にも入れてみたのですが、エノキタケと思えないくらい食べ応えがありました。

エリンギ2週間後(実質1週間後)

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

エリンギは再スタートになってので、成長が1週間後ろ倒しになった形です。

リセットして1週間、他のキノコよりもわかりにくいものの、白く盛り上がってきています。

エリンギ3週間後(実質2週間後)

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

栽培キットの中でも日本らしくないキノコですが、形が西洋の絵本に出てくるキノコみたいで楽しいです。

エリンギ4週間後(実質3週間後)

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

たった1週間で、これ。他のキノコも同様ですが、キノコの形になると一気に成長します。

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

最大で9センチほど。見た目は市販されているものと、あまり変わりません。

エリンギを実食

キノコ栽培キット5種を比べてみた
Photo: 今井麻裕美

サンマの燻製と唐辛子で、オイル系のパスタにしてみました。

市販のエリンギよりも、プリプリ感が強いと思います。キノコの1つ1つが大きいので、「頬張ってる」感があるのが嬉しいです。大きいと収穫も楽ですしね。

まとめ:6種のキノコを比較。どれがいいの?

キノコ栽培キット5種比較一覧
シイタケの収穫回数は、もともと3回くらいで想定されている。味の良さは市販と比較して。
Image: 今井麻裕美

今回の5種類の栽培キットの比較では、ナメコが1番コスパが高いと思いました。

最初に出るのは遅いものの、収穫してから2~3日後には、すぐに次が出るという速さで、食べ飽きるほど。さらに、全面にみっちりと生えてくれました。何より、市販に比べた味の良さは秀逸です。

エノキタケも生える速さや味は同様に良かったものの、ナメコより若干次が出るまで時間がかかったのと、少し生え方にムラがあったので、次点

ヒラタケブナシメジは似たような感じで、初回はたくさん生えましたが、2~3回目の収量は半分以下で、ぐっと少なくなりました。

エリンギは、見た目は良いのですが、味は市販と最も近く、初回も隙間があり、2回目は1本しかとれませんでした。ただ、届いた時点で生えてしまっていたのが影響しているかもしれません。

自宅でキノコ栽培はおいしい、安全、面白い

キノコ栽培キット5種を比べてみた
市販では見ることのない、エリンギが胞子を出す様子も観察できました。
Photo: 今井麻裕美

複数種類を一気に栽培するのは、見た目にも壮観ですし、キノコは植物よりも成長が早いので、動物を飼育しているみたいで面白かったです。

いつも何かしら収穫しているような状態でしたが、採れすぎても問題はありません。食べきれなかったものは冷凍し、さっと味噌汁や鍋にいれて活用できます。めっきりキノコをスーパーで買うことがなくなりました

おいしくて安全なキノコ栽培をぜひ楽しんでみてください。

なお、キノコは現在も継続して採れています。ただ、タイミング的にすべての種類が一堂に会す、には至っていません。

はたして、憧れの『ナウシカ』の秘密の部屋みたいなシーンに出会うことはできるんでしょうか。

あわせて読みたい

1週間で60個! しいたけ栽培キットで自宅キノコ狩り。飽きるほど採れたてを楽しんだ【今日のライフハックツール】

まるで本物の月! 3Dプリンター技術でリアルな月を再現したランプは充実の就寝時間をもたらす【今日のライフハックツール特別版】


Photo: 今井麻裕美

Source: 森産業

今井麻裕美

swiper-button-prev
swiper-button-next