特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール【新生活エディション】

濡れるほど滑らない包丁滑り止めシールで料理がはかどる。ウッカリさん、子ども、お年寄りも安心【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
濡れるほど滑らない包丁滑り止めシールで料理がはかどる。ウッカリさん、子ども、お年寄りも安心【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

料理において、「切る作業は食材を洗った直後が多く、手が濡れた状態です。

特に、手がかじかむ季節では、うっかり手を滑らせる危険性が高くなります。そうなったら、せっかくの料理も台無し。安全性もおいしい料理を作る秘訣です。

サンベルムの『包丁のすべり止めシール』は、その名の通り包丁用の滑り止めシール。あらかじめ細長くカットされているので、今使っている包丁やピーラーに貼ってすぐ使えます

ほど良いグリップ感で調理がスムーズに

190206_antislipseal_02
Photo: 藤加祐子

肝心のグリップ感ですが、しっかり包丁を握れるいっぽう、パッと離せるので、取り回しがしやすくなりました。メーカーによると、濡れるとすべり止め効果がアップする新素材を採用しているとのこと。

また、格子状にすべり止めが配置されていて、適度な隙間もあるため、べっとりとした手触りということもありませんでした

ピーラーに貼れば、余計な力をいれずに済む

190206_antislipseal_03
Photo: 藤加祐子

切る調理器具といえば、ピーラーもありますよね。『包丁のすべり止めシール』はピーラーにも使えます。

例えば、大型のピーラーは千切りキャベツもさっさと作れて便利ですが、刃が大型のため、思わぬケガも予想されます。

また、じゃがいもの皮むきは転がりやすいし余計な力が入りがちなので、たとえ小さなピーラーであってもしっかり握りたいものです。

子どもの手伝いも、お年寄りも安全に楽しく

190206_antislipseal_04
Photo: 藤加祐子

皮むきのような簡単で楽しそうな作業は、子どもがやりたがるかもしれません。ピーラーの両脇に『包丁のすべり止めシール』を貼れば、皮むきのお手伝いをさせるときに安心感がアップしますね。

また、包丁を握る力が弱くなってきたお年寄りに使ってもらうのもよさそう。料理好きの老親に、手紙と一緒に贈ってみてはいかがでしょう。

水洗いや貼り直しもOK

190206_antislipseal_05
Photo: 藤加祐子

『包丁のすべり止めシール』は貼り直しが可能で繰り返し使えます。

これなら上下、左右、4枚すべて使っての四方貼りなどいろいろ試せて、自分の握り方にとってベストな貼り付け方にできますね。

粘着力が弱くなった場合には、水洗いし自然乾燥させると粘着力が戻ります

使用の際の注意点

なお、使用の際の注意点としては、柄の形状やサイズによってはシールの角が浮くことがあるので、適宜カットして使いましょう。

また、洗うときはシールを貼ったまま食器用洗剤での手洗いが可能ですが、食器洗い乾燥機は使用できません。

包丁のすべり止めシール』は、公式のオンラインショップほか、Amazon.co.jpでも購入が可能です。

あわせて読みたい

千切りキャベツは包丁を使わないほうが作りやすい【今日のライフハックツール・ベスト版】

ポーチドエッグ作りの最良の方法か。レンジでチンしてスルリと盛るだけ【今日のライフハックツール】


Photo: 藤加祐子

Source: サンベルム

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next