特集
カテゴリー
タグ
メディア

どんなに忙しくても、自分の時間を作る3つの方法

どんなに忙しくても、自分の時間を作る3つの方法
Image: Kohei Hara/Getty Images

毎日、時間に追われていませんか? 本当に必要なことに時間を使えていますか?

実はほんの少し立ち止まって、ちょっとした工夫をするだけで、空き時間と余裕を作ることができます。

たとえば、スマホでよく使うアプリをホーム画面にもってきたり、鍵や財布は定位置を決めておいたり、簡単なことから始めることも。

ここでは、最低限知っておきたい、時間を確保する方法をご紹介します。

1. 決断の回数を減らす

1日のうちで私たちは数えきれないほどの"決断"や"判断"に迫られています。いかにその回数を少なくして、本当に必要な情報やタスクだけに、集中できる状況をつくることも非常に重要なことです。

Facebookの創業者であるザッカーバーグやアメリカ合衆国前オバマ大統領は、毎日着る服のラインナップを固定化しているといった話を聞いたことがある人は多いでしょう。

日々の中で頭を働かせる労力を省き、より重要なことだけに焦点をあてられるようにするためです。Work & Co.社のFabricio Teixeira氏はMediumで、デザイナーがよく用いる視点を日常に活用することを推奨しています。

2. 物忘れをしない

忘れものは多くありませんか? 緊急で取り組まないタスクが発生し、時間を失っていませんか?

たとえば何か物事を忘れたら、そのことを書き留めておきましょう。

もし物忘れが激しいなら、その対策を考えるのです。人は忘れるという特性をもった生き物ですから、同じことを繰り返さないためにはどうするかを考えて対策することが大切です。

月々の支払いや大切な人たちの誕生日を忘れないようにリマインド通知を設定しておく」といったことからはじめてみてもよいでしょう。

それ以外でも日常の中のほんの些細なことでもよいのでしょう。ほんの数分の手間を惜しまずにこうしてきちんと対策をしておくことで、後々膨大な時間を浪費したり、ストレスが溜まることが少なくなります。

3. 無駄な通知をオフにする

スマホに大量のアプリをダウンロードするのはよいですが、本当にすべて必要なものでしょうか?グループで共有しているアプリがある場合、よほど日常的に頻繁に、かつ重要なやりとりがない限りはホームスクリーンから移動させ、通知はオフにしておきましょう。

いつの間にか膨大な時間と労力を消費してしまわないように、自分で上手くコントロールする術を身につけなければなりません。

一度デザイナー目線で部屋を見渡してみましょう。

部屋に飾ってある写真は多すぎませんか?

デスクに置いてあるものはすべて必要ですか?

スマホのホームスクリーンにあるアプリで消去してもよいものはありませんか?

日々を過ごす中で常にこのような視点で過ごしてみてください。私たちの脳に収まる容量には限りがあり、定期的に中身を精査してそこに常にスペースをつくっておかない限り新しいものは入ってきません。

できれば今この瞬間から、もしくはこの週末にでも、ご自身の身の回りに溢れる情報やものをもう一度見回してみて、新たなスペースをつくれる余地がないかどうか? 自分に問いかけてみてください。

あわせて読みたい

たった5分で、怒りやイライラをポジティブな感情に切り替える方法:研究で判明

現状を打破する。人生に希望を与えてくれる偉人たちの名言集7


Image: Kohei Hara/Getty Images

Source: Medium

Alicia Adamczyk - Lifehacker US [原文

訳:saori

swiper-button-prev
swiper-button-next