特集
カテゴリー
タグ
メディア

ベイクドエッグをオーブントースターで簡単に作る方法

ベイクドエッグをオーブントースターで簡単に作る方法
Image: Claire Lower/Lifehacker US

チーズひとつまみをトッピングし、フレッシュハーブをぱらぱらと散らしたベイクドエッグには、どこかエレガントで、ご褒美のような雰囲気があります。

「シャードエッグ(Shirred eggs:バターを塗った皿で焼いた卵の意味)」なんてしゃれた呼び方をすると、すごく特別な料理に思えますが、実はこのベイクドエッグ、みなさんのご自宅にあるオーブントースターを使えば、ものの数分で作れてしまうんです。

1人で楽しむ朝食にうってつけの、お手軽な一品です(朝から誰かといっしょにいるのが好きな人は、2人でも)。

ベイクドエッグの簡単レシピ

もちろん、普通のオーブンでも大丈夫です。何人分ものベイクドエッグを作る場合には、むしろそのほうがいいでしょう。

ですが、2人分を調理するだけなら、大きなオーブンのスイッチを入れるのは、ちょっと面倒な気がします。

そんな時に活躍してくれるのが、オーブントースターです。黄身が半熟トロトロの絶品ベイクドエッグ2人前に必要な材料は、こちらです。

材料:

  • 卵:2個
  • 生クリーム(脂肪分36%以上のもの):大さじ2杯(30ml)
  • お好みのチーズ:2つまみ(パルメザンでもフェタでも楽しい食感が味わえます)
  • 塩とこしょう:適量(お好みで)
  • フレッシュハーブ:適量(付け合わせ用。チャイブ、タイムなど)
  • バター:適量(ココット皿に塗ります)

作り方

オーブントースターを180度に予熱し、ココット皿2つにバターを塗ります。卵をココット皿に1つずつそっと割り入れたら、それぞれに生クリーム大さじ1杯(15ml)を上から注ぎ入れます。

チーズひとつまみ(お好みで多めでも)をふりかけ、塩とこしょうで味つけしたら、白身がかたまるまで、9~12分間トースターで焼きます。

トースターから取り出して数分間冷ましてから、お好みのハーブをトッピングします。トーストか、フライドブレッドを添えて、食卓に出しましょう。みなさんも、おいしい毎日を。

あわせて読みたい

「朝食が重要」はウソだった:研究結果

朝ごはんを食べた方がいい理由

Image: Lifehacker US

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:阪本博希/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next