特集
カテゴリー
タグ
メディア

最適なパートナーと出会い、長く良い関係を築くためには?

最適なパートナーと出会い、長く良い関係を築くためには?
Image: Lifehacker US

自分にとって最適な相手と出会い、長く良好な関係を保ち続けるためには何が必要なのでしょうか?

今回は、恋愛経験豊富な人生の先輩たちがこれまでに学んだ教訓をお伝えします。

1. 自分の直感に率直であるべし

誰かと関係が始まりそうなときは色々な事情や意見に振り回されがちですが、何よりもまずは自分の感情に素直に従うことが大切です。

何度か同じ相手と食事をしたり、SNSなどのオンライン上で出会った相手と初めて会うときは特に自分の心に手をあてて、直感を大事にしましょう。

もちろんオンライン上のプロフィールやアップされた顔写真だけで判断せず、選り好みせずに積極的に出会いを求めていくのも重要ですが、オープンマインドでいることと、「この人」と決めた人とデートするために慎重になることはまた別です。

初めて知り合ったときにビビビ、とくるものを感じなければその人と会うのはやめておきましょう。最初の印象で微妙だな、と思った相手に会っても、その後深い関係になっていく可能性はあまり高くありません。

また初めての相手と会うときは万が一何かあったときに備えて、デート中の自分の居場所を友人に知らせておく、遠出を避けていつでも自分で帰れるような場所を選ぶのも大切ですね。

2. 自分の判断基準を大切にする

他人とお付き合いをはじめる、というのは実に難しくデリケートなものです。しばらく自分が望むようなタイプの人と出会えないと、自分の見る目がずれているのでは?と疑いたくなってくることもあるでしょう。

もしかしたら「相手に対してのハードルがあがって選り好みしすぎなのかも」と自信をなくすこと人も多いのですが、自分と合わない、または一緒に居て不快な人と時間を過ごすくらいなら自分一人の時間を自由に楽しむほうがよほど有意義でしょう。

3. 初デートの約束はFacetimeなどビデオ通話をすること

自分の決めた基準をずっと頑なに守りつづけるのも難しいものです。たとえば意見が食い違うときには話し合いをすべきか、別れるべきか。誰も答えを教えてはくれません。

もし自分の基準が分からなくなってしまったときは、一度落ちついて何が気に入らないのかをリスト化してみましょう。

そして、なぜそれが自分にとって大切なのかを考えてみましょう。もしかすると中にはそこまでこだわらなくてもよい部分があるかもしれません。

リストについて充分に熟考した上で残った要素は、自分にとって本当に大切なことなのだと再認識する良い機会にもなるでしょう。

4. 我慢せずにきちんと相手に伝えること

自分以外のことに対して何も努力したくない、という人もいます。

体だけの関係だと割り切ればそれまでですが、もし誰かと長く関係を続けていくなら、どこかのタイミングで互いの歩み寄りが必要となってきます。

相手に何かしてほしいこと、改めてほしいことがあるならきちんと伝えましょう。もちろんこちらも相手の考えに対して歩み寄りは必要ですが、自分にとって大切なことは決して妥協してはいけません。

「変わりたくない」と思っている相手に対してどれだけ愛情を注いでも、相手にプレッシャーを与えるばかりで逆効果です。どれだけ努力しても相手が変わらないようなら自分が疲弊するばかりなので、そのような関係は早めに見切りをつけるのが正解でしょう。

5. コミュニケーションをしっかりととり、相手に過度な期待をしすぎないこと

良好な関係に欠かせないこと、それは何か問題が発生したら大ごとになる前にしっかり話し合うこと。

そしてその過程のや結果に対して理想を求めて過度な期待をしすぎないこと、です。

結論がはっきりと出るまでは、あまり判断を急がずに柔軟に物事を考えるようにしましょう。そして、「こんなふうになったらいいのに」と期待をしても、それはあくまでも自分の勝手な理想であるということを覚えておきましょう。

物事は、特に誰か他人が関係してくる場合は尚更、いつも理想どおりに上手く物事が進むとは限りません。自分の中で大切にしたいと思うポイントだけはぶれずにしっかりと持っておき、もし相手がそれを尊重してくれないなら早めに別れましょう。

インターネットやSNSの発展でますますオンラインで始まる関係は増えるばかりですが、その相手を見極めるには実際にリアルな場で双方向にコミュニケーションをとることが何より重要です。

自分が大切にしたいと思う価値観に対しては、全員が生まれながらにしてはっきりとした自覚が持てるものでもないですし、時が経つに連れて変化していくものです。

いつでも自分の気持ちに正直に、対峙する相手に実直に向き合い、その過程から学ぶ姿勢を忘れずにいたいものですね。

あわせて読みたい

87年間連れ添った夫婦が教える、結婚生活と愛を長続きさせる含蓄あるアドバイス

「結婚」について知っておくべき7つのこと


Image: Lifehacker US

Aimée Lutkin - Lifehacker US [原文

訳:saori

swiper-button-prev
swiper-button-next