連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

出社不要!「仮想VRオフィス」という新時代の働き方

GIZMODO

出社不要!「仮想VRオフィス」という新時代の働き方
Image: eXp Realty

場所に縛られずに働く、顔を合わせる必要はあっても。

eXp Realtyという会社、きいたことありますか? 今、急成長で注目を集める、北米の不動産会社です。

ネタ元のSingularity Hubによれば、2017年10月以降、株価は3倍。4月の発表では、7カ月足らずで不動産代理店スタッフの数が2倍に急増しており、飛ぶ鳥を落とす勢いです。2018年5月にはナスダックにも上場

急成長の鍵となっているのは、バーチャルリアリティ仮想現実です。eXp Realtyは、現実世界に(ほぼ)オフィスがなく、物理的に出社する社員もほぼゼロ。企業活動のメイン(本社的な役割)となるオフィスがあるのはバーチャル世界の中です。

社員の出社=ログインからのアバター出社です。

出社しなくていい会社は、近年、珍しくはありません。ただ、eXp Realtyのやり方は、Slackや動画チャットで会議をしたり、進捗をネットサービスで管理したりすることで、家から仕事できるというのとは違います。

セカンドライフやどうぶつの森のように、あっちの世界で出社=集まっているのですから。

VRオフィスには社員のアバターが集い、会議や研修が開かれます。社員間のコミュニケーションもVRの世界でとれます。出社義務なしで顔を合わさないと、社員同士の関係性が心配なんてことありません。

アバターは顔を合わせてます。あっちの世界で、同僚と会議室まで一緒に雑談しつつ歩いたり、フリースペースで休憩したりしているんです。

1081
Image: eXp Realty

社員は、専用ソフト「eXp World」をダウンロードすれば準備完了。ソフトを使うためにの高額なVRヘッドセットやハイスペックPCは必要なく、またそれらを使っている社員もほぼいないといいます。

物理的にオフィスを構えていたら、この成長はありえなかったと思います。

Singularity Hubのインタビューでそう語るのは、eXp RealtyのCTOであるScott Petronis。不動産会社の社員には、特に、ネットワーキング、共同作業、セミナーの実施が必要で、みんなが集まれる場所が必要だったといいます。

しかし、その場所はリアルじゃなくてもいいという結論に至ったのです。

ネット環境さえあれば、住んでいるエリアを問わず必要な人材を採用できることも、VRオフィスの利点だとか。

事実、CTOであるPetronis氏はニューヨーク州在住。CEOはワシントン州、COOはアリゾナ州、CFOはネバダ州と見事にバラッバラ。それでも、仕事は円滑に進んでいます。

だって、バーチャルでいつも顔を合わせてますから。eXp Realtyの場合は、不動産という業界や企業理念がバーチャルと相性がよかったのかもしれません。

ただ、今後、こういうオフィスのあり方は増えてきますよね、きっと。VRの仕組みが進めば進むほど、こっち世界のことをこっちの世界だけで完結させるなんてナンセンスになるのでしょう。

満員電車?何それってな世の中、正直、待ち遠しいです。

Image: eXp Realty

Source: Singularity Hub

ギズモードジャパンより転載(2018.07.12)

あわせて読みたい

本当に知りたい副業のメリット&デメリット7選

Instagramの新オフィスが、すっごくインスタ映えする!

働き方に自由を!声だけでバーチャル出社する「BONX WORK」はかなりアリ

そうこ

swiper-button-prev
swiper-button-next