特集
カテゴリー
タグ
メディア

悩んだら書け。ライティングの心理的効果と文章術8

悩んだら書け。ライティングの心理的効果と文章術8
Image: Joyseulay/ Shutterstock

不安を感じたり悩んだ時、どのように対処していますか?

ライフハッカーでも様々な対処法を紹介していますが、その一つが「文章を書く」こと。今回は、「書く」ことの心理的効用と文章術をまとめました

1. 執筆行動を日常的に行っていると、気分や幸福度が向上する

心理学研究でわかった「定期的に文章を書く」ことの効用

2. 「瞑想」より書く習慣の方がマインドフルになれる

なぜ、「書く」だけで、心の不安やストレスが片づくのか?

3. 朝のライティングは頭をクリアにできる

毎朝「3ページ書く」習慣で、クリエイティビティを解放する

4. 「個人的な話」が読み手を引き込む

一流ライターが知っている、文章を相手に読ませる4つのコツ

5. テンポの変化が読者の心をつかむ

良い文章の秘訣は「音楽のように」書くこと

6. 下手な草稿を目指すことが良い文章につながる

スイスイと文章を書く方法

7. リード文はその後続の文章のエッセンスを伝える

ウェブ用の文章で魅力的なリード文を書く5つのステップ

8. 書くことを習慣化しよう

文章を書くスキルを高めたいあなたへ:書く習慣が続く6つのコツ


1日5分くらいは捻出できるはず。たった数分「書く」ことで心の安定や幸福感が手に入るのなら、試してみる価値は十分にありそうです。

Image: Joyseulay/ Shutterstock

ライフハッカー[日本版]露原

swiper-button-prev
swiper-button-next