特集
カテゴリー
タグ
メディア

いい出会いが見つかりやすい、プロフィール写真の選び方

いい出会いが見つかりやすい、プロフィール写真の選び方
Image: Pexels

デート系アプリで誰もが気にしているのは写真だけだと、冗談交じりに言われていますが、ある意味事実です。

しかし、写真の見た目だけで判断されているわけではありません。みんな、プロフィールを読まなくても、写真によって人間だと感じようとしているのです。

写真は、あなたが思っている以上に、あなたの雰囲気や生活、世界に対する見方などを語ります。今回は、完璧なプロフィール写真を選ぼうとする時に考えるべきことをお教えしましょう。

安全性について

この記事は、Redditユーザー u/DrLawyerPIが「自分の写真がSNS上で簡単に見つかることに気づいていない人が多い」と「r/LifeProTips」で書いていた投稿に、一部影響を受けて書いたものです。

画像を使って逆画像検索をすると、今話している相手の名前がわかります。

もし逆画像検索をしてあなたの写真が見つかるのであれば、あなたの個人情報を、誰かが見つける可能性はあります。

誰にでも当てはまることではありませんが、今の時代、多くの人が自分のプロフィールをインスタグラムに投稿しています。

しかし、それによって悩まされるのであれば、SNSアカウントをプライベート設定にしたり、デート系アプリで同じ写真を使わないようにしたり、デートの日に同じ格好をしないようにしましょう。

もしくは、さらに慎重にするのであれば、どこにも投稿していない写真を使いましょう。

1. 本当に気に入っている写真を使う

実物よりよく写っている写真を投稿するのは犯罪ではありません。

角度によって違って見えるものです。しかし、多くのプロフィールで、顔や姿が不明瞭になっているというのはまったく奇妙なものです。

もちろん、見た目で判断する人もいます。10年前の自分の写真を足がかりにして、それから自分の人柄で相性のいい人を勝ち取れると思っているかもしれません。残念ですが、それはありません。

正直でなかったこと(昔の写真を使ったこと)で相手をイラつかせるだけです。

多くのデート系アプリを通して私が発見したのは、この世には本当に様々な体型や顔や雰囲気があるということです。実際の自分を元に相手に選んで欲しいのであれば、実際の自分を見て魅力的に感じる人はそんなにいないと思ってはいけません。

少なくとも、実際にあなたに会った時に、完全にショックを受けるような相手とデートをする屈辱について考えてみてください。自分を信じて、自分の中でもまだマシだと思うような現実的な写真を選びましょう。

2. おもしろ写真もOK

それに関して言えば、子どものころの写真や、バカみたいな写真、自分の好きな写真もあっていいです。プロフィールを丹念に見ている時にスポンジボブを見るのは、正直個人的には好みではないですが、あなたが求めている人は見たいかもしれません。

写真の第一印象で選ばれる可能性があるなら、自分の人柄や個性をより具体的に表す写真を入れたり、写真を通してユーモアのセンスを表すのも悪くありません。

とはいえ、あくまで私の意見ですが、割合は最低でも1:4くらいにしておいたほうがいいでしょう。実際の自分が明らかにわかる写真を4枚に対しておもしろ写真1枚程度にし、その写真は間違っても最初ではなく最後に持ってきます。

また、夕焼け、アニメ・漫画のキャラ、犬、曖昧なアートっぽい写真がプロフィールに載っている人も、すぐに“ナシ”の烙印を押されます。自分のことを隠そうとしているか、やる気がないと思われます。

3. 自撮りだけにしない

自分が世界一自分の写真を上手く撮れると思っているかもしれませんが、それは事実ではありません。

すべての写真が、洗面所や車の中で撮った自撮りだけだったら気味が悪いです。何の趣味もなく、友だちが一人もいない人に見えます。そう思われるのはおそらく事実です。ですから、まだデート系アプリでデートをしたことがない人は、写真が自撮りだけというのが原因かもしれません。

友だちと一緒の写真や、外に出かけている写真を載せましょう。それができない場合は、デート系アプリのプロフィールを作成する前に、恋愛以外の社会生活を育む必要があるかもしれません。

また、逆のパターンにも注意してください。すべての写真が集合写真や人がたくさん写っている写真だと、どれがあなたかを説明するのが大変です。会ったこともない人の“ウォーリーを探せ!”をやりたい人はいません。

4. 誰にでも当てはまるものはない

デート系アプリの写真に関する議論は、常に熱いものになります。人の好みはそれぞれ違うので、ある種の写真は他の人にはまったく響かないこともあります。

たとえば、米Lifehackerのスタッフ数人が、シャツを着ていない男性の写真は必ず却下すると言っていました。個人的にはそういう写真も好きですが、死んだ魚を抱えている男性の写真は完全にパスです。

一番大事なのは、ありのままの自分がわかりやすいということです。船の上であなたが釣った魚を持っている写真が見たい人もいるでしょうから、あなたにとってそれが大事なことであれば、それを共有しましょう。

ありのままの自分をとりつくろおうとすると、何も共通点がない人としか出会えません。それから最後に、どうかサングラスをかけていない写真を使うようにしてくださいね。

あわせて読みたい

初デートのエキスパートが語る、初デートで避けるべき9つの行動

初デートに「カフェ」はベストなのか?

Image: Pexels

Source: Reddit(1, 2

Aimée Lutkin - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next