特集
カテゴリー
タグ
メディア

コクヨの新たな提案。「引き出してカットするノート」が制限を取っ払う

  • カテゴリー:
  • TOOL
コクヨの新たな提案。「引き出してカットするノート」が制限を取っ払う
Image: コクヨ

こう見えても「ノート」です。

ノート、思い返せば学生の頃から、そして社会人になっても、未だにお世話になっています。長い付き合いになるので、ノートって進化や変化を終えたものだと思っていました。

やがてその媒体を紙からデジタルへ変えていくでしょうが、紙のノートのA4やB5など決められたサイズを開いて〜書いて〜また開いて〜終わったら閉じて〜といったスタイルは未来永劫変わらないのではないかと。だって、便利ですし。

でも、それが本当に便利だったのか? と考え直させる提案がコクヨより発信されたのです。

コクヨが提案する新しいノートの形がこのロール型。その名も「ペーパーラップノート」です。

一見するとキッチン用品、クッキングペーパーのようなスタイルですが、これでもれっきとしたノートなのです。使い方は…そうですね。皆さんが想像したとおりでいいでしょう。

これからノートは「引き出してカット」

190130kok00
Image: コクヨ

そうです、食品用ラップのように引き出してカットします

ちょっとしたアイデアを書き留めるには少なめにカット、長い問題を解くには長めにカット、歴史の年表を書き留めるにはさらに長〜く。

グループで問題に取り組みたい時は、テーブルいっぱいに。ページをめくる煩わしさや、大きすぎたメモをカットする手間もありません。

そう、一般的なノートだと憚られる「切り取って使う」という行為が逆に正しい使い方。

これによって定形のノートの制限を取っ払い、使いたい大きさのキャンバスを自由に作り出すことができるため、書き留めることへの姿勢や頻度、モチベーションもきっと変わることでしょう。

引き出すノート。なんとアイデアは一般公募から

190130makik01
Image: コクヨ

ノートの常識を覆す「ペーパーラップノート」、このアイデアはどこから?というと、なんと一般公募。

優れた商品デザインを一般ユーザーから広く集めて商品化を目指すコンペティション「コクヨデザインアワード2011」にて、コクヨ賞を受賞した作品「Makino」がその源流となります。

コクヨデザインアワードでは、過去の受賞作品から計16点の商品化を実現していますが、これは17点目というわけですね。いわば、7年の月日を経て商品化された秘蔵っ子です。

この自由なサイズの出力先、「ペーパーラップノート」は2月14日からコクヨ公式オンラインショップ「 コクヨショーケース」にて販売されます。

また、オンラインショップ販売を前にして、東京・千駄ヶ谷にある「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」では1月30日から販売が開始されています。

190130makik02
Image: THINK OF THINGS

THINK OF THINGSは「 ワークとライフの境界線を超える」をコン セプトとして、暮らしと仕事の双方に刺激や発見がある道具を提案するスペース。まさにこうしたアイテムにはうってつけのデビュー場所だと言えるでしょう。

他にも期間限定となりますが、2月26日まで「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」で開催されるKOKUYO DESIGN AWARDの展示・販売イベントでも期間限定で販売されています。

「開く」から「引き出す」へ

書くことへの新しい発見を期待したくなるノートに出会ってみましょう。


あわせて読みたい

コクヨの新ブランド「GLOO」で月末の経費精算が捗りそう

コクヨのオフィスチェア「ing」が世界一座る時間の長い日本人を救う、かもしれない


Image: コクヨ

Source: コクヨ, コクヨデザインアワード2011, THINK OF THINGS

小暮ひさのり

swiper-button-prev
swiper-button-next