特集
カテゴリー
タグ
メディア

女子大生に質問「幸せになりたい?」それとも「北川景子になりたい?」結果に見えた幸せのヒント『僕らの時代の幸福論』Vol.2

女子大生に質問「幸せになりたい?」それとも「北川景子になりたい?」結果に見えた幸せのヒント『僕らの時代の幸福論』Vol.2
Image: GettyImages

先日、とある女子大学で「幸福」について授業をする機会がありました。そのとき、女子大生たちに以下の質問をしてみました。

あなたはどっちになりたいですか? 「幸せ」になりたいか、「北川景子の容姿」になりたいか。

getty_keiko_kitagawa
Image: GettyImages

8割の女子大生は、「北川景子の容姿になりたい」を選びました。そこで、学生の一人にその理由を聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

「だって、絶対幸せになれるじゃないですか」

何か変な感じがしませんか?

幸せになりたいという選択肢を捨て、「北川景子さんの容姿」を選んだのに、選んだ理由は「幸せになれるから」と。

ここに何か「幸せになるためのヒント」が隠れているような気がします。

手段がなぜ目的になってしまうのか?

よく「手段が目的化する」ということが起きます。

「お金持ちになること」や「モデル体型になること」は手段のはずなのに、ふと気づいたときには、それ自体が目的になっているということです。

さっきの質問の話も同様です。質問に答えてくれた女子学生にとって、「北川景子さんの容姿になること」は手段であり、「幸せになること」は目的です。

目的(幸せになる)が最初から選択肢にあるのに、わざわざ手段であるはずの選択肢を選んでしまうのはなぜでしょうか?

それは、「幸せになる」ということが抽象的でイメージしづらいのに対し、「北川景子さんの容姿になる」というのは具体的で頭の中に絵が浮かぶため、とても魅力的に感じられるから。

つまり、手段が目的化してしまう理由の1つは、「手段のほうが具体的でイメージしやすく魅力的」だからです。

目的を具体化してみよう

では、目的を具体化してみると、どうでしょうか。

目的である「幸せになる」を具体化し、頭に絵が浮かぶレベルにしてみましょう。幸せのイメージは人それぞれですが、ここでは、例として以下をご覧ください。

20190123Getty_mansion
Image: GettyImages

こんなに住み、

20190123_getty_tomcruise
Image: GettyImages

こんな旦那をもち、

20190123_Getty_kanna_hashimoto2
Image: GettyImages

もしくはこんな奥さんをもち、

20190123_Getty_dinner
Image: GettyImages

毎日、こんな料理を食し、

20190123_Getty_cruiser
Image: GettyImages

2カ月に1回は豪華クルーズへ。

これらを「幸せになる」の具体的イメージだと仮に設定した場合、最初の質問である「幸せになりたいか? それとも、北川景子の容姿になりたいか?」はどっちが選ばれるようになるでしょうか。

「幸せ」のイメージが抽象的だった最初のときよりは、「北川景子の容姿」に投票する人は減るのではないかと思います。

とはいえ、「幸せのイメージをより具体化することこそが重要と言いたいわけではありません。むしろ、それで幸せが遠ざかってしまうこともよくあります。そもそも、上述した「幸せのイメージ例(セレブな生活)」は「北川景子さんの容姿になりたい」という手段と同一線上の内容ですし。

では、どうしたらいいのでしょうか。

そこで次回は、「幸せに近づくにはどういうアプローチがいいのか」について書いてみたいと思います。

『幸福論』続き

幸せとの距離の縮め方とは。成功するから幸せになるのではなく、幸せだから成功する『僕らの時代の幸福論』Vol.3

永崎 裕麻(ながさき・ゆうま)Facebook

fiji_happiness 11.jpg「旅・教育・自由・幸せ」を人生のキーワードとして生きる旅幸家。2年2カ月間の世界一周後、世界幸福度ランキング1位(2016/2017)のフィジー共和国へ2007年から移住し、現在12年目。在フィジー語学学校COLORS(カラーズ)校長。100カ国を旅した経験を活かし、内閣府国際交流事業「世界青年の船」「東南アジア青年の船」に日本ナショナル・リーダーや教育ファシリテーターとして参画したり、某企業のCHO(Chief Happiness Officer/最高幸福責任者)を務めたり、アフリカやフィジーで教育事業をしたりと、多拠点生活をエンジョイ中。 大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒業。二児の父。著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。

Image: GettyImages

永崎裕麻

swiper-button-prev
swiper-button-next