特集
カテゴリー
タグ
メディア

サイトが繋がらない時の対処法:URLに「status」を入力してステータスを確認する裏ワザ

  • カテゴリー:
  • TOOL
サイトが繋がらない時の対処法:URLに「status」を入力してステータスを確認する裏ワザ
Image: Rawpixel.com/Shutterstock.com

「え、もう起きる時間?」とスマホの目覚ましを横目で見たあと、毎朝の日課として真っ先にすることは、気になるsubreddit(Redditのスレッド)に、何か面白そうな新しい書き込みがないかをチェックすることです。

先日の朝、サイトを開こうとしたのに、Redditがさまざまなエラーメッセージを吐き出し始めました。こうした状況はTwitterやGithub、Slackなどお気に入りのサイトでも起こる可能性があります。

ウェブサイトが開かない時の対処法その1

こうした状況では、「F5」キー(もしくはお使いのブラウザのツールバーにある「更新」アイコン)を連打したくなるのもわかりますが、ウェブサイトが思い通りにならない時は、何が起きているのかを知るためのもっと良い方法があります。

今回のケースでは、指定したウェブサイトの状況をチェックするために私がいつも使っているサイト「Down For Everyone Or Just Me?」は役に立ちませんでした。そのサイトによれば、Redditはオンラインということでした。

私のブラウザに、404や503エラーではなく、カスタマイズされたエラーメッセージが表示されたことを考えれば、それはたしかにもっともらしい話でした。

ウェブサイトが開かない時の対処法その2

ところが、この状況で2つ目の裏ワザを試したところ、うまく状況を把握できたのです。その裏ワザとは、ブラウザのアドレスバーで「www」の部分を削除し、そこに「status」と打ち込みstatus.reddit.comというURLに変更するというものです。

もちろん、この裏ワザがすべてのウェブサイトで通用するわけではありませんが、幸いにもRedditでは、「Statuspage」を通じて、サイトのアップタイムに関する最新状況を、複数のチャートや図で見ることができました。

そのページの上部にインシデントとして記載されていたため、Redditに障害が発生していることがすぐにわかりました。

それだけでなく、(reddit.comとredditgifts.comの)どちらのサイトに影響があり、ほかのユーザーがどのような状況にあるかを掘り下げていくこともできました。

今回の障害発生時、reddit.comへのリクエスト・レートはゼロまで急落し、エラーレートはチャートの最上部まで跳ね上がっていました。

qq0qqjisthu9tiamx20y
Image: David Murphy/Lifehacker US

Redditの障害復旧には20分ほどかかりましたが、その後に同サイトのステータスページにある「過去のインシデント(Past Incidents)」セクションに掲載された報告によると、私以外にも多くのユーザーが影響を受けたようです。

「F5」キーを連打してRedditのページを開こうとしても時間の無駄でしょうから、それはしないでおきました。

もし本当に気になるのなら、Redditのステータスページの更新状況を電子メールで受け取れるサービスに登録することもできますが、そうすると、何か問題が起きるたびに(そして修復されるたびに)メッセージを受け取ることになり、少々煩わしく感じるでしょう。

「Status」が使えるサイト

同様にステータス・ページをチェックできる人気のウェブサイトを、いくつか紹介しておきましょう。

見ての通り、サイトによっては、「status.ウェブサイト名.com」という形式ではなく「ウェブサイト名status.com」となります。

どこかのウェブサイトに問題がある場合は、上記の両方の形式を試してみてください。運が良ければ、何らかのステータス・ページを開き、何が起きているかを把握できるでしょう。

あわせて読みたい

見たいWebサイトが開かないときの原因と対処法

インターネット速度が遅い原因を特定し、速度を元通りにする方法

Image: Rawpixel.com/Shutterstock.com

Source: Reddit, Status Page, Twitter, Dropbox, Vimeo, Cloudflare, Slack, Github, Discord, Smugmug, Epic Games, Trello

David Murphy - Lifehacker US[原文

訳:風見隆/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next