特集
カテゴリー
タグ
メディア

「ピリッと旨辛」「まったり味噌バター」「ネバネバつるり」簡単うどんレシピ3品

「ピリッと旨辛」「まったり味噌バター」「ネバネバつるり」簡単うどんレシピ3品
Photo: 大崎えりや

冬の寒さも本格的になり、底冷えするような日が続いています。こんな時期は、温かい食べものが恋しくなりますよね。

温かい食べものというと、うどんもそのひとつ。会社帰りにお店を目にすると、つい寄ってしまいたくなります。

でも、うどんは家でも簡単に作れます。スーパーやコンビニで冷凍のものを買ってきて、レンジにかけるだけ。ただ、3個入りのパックで売られていることが多く、余らせてしまう場合があります。それに、いつも同じ調理法ではすぐに飽きてしまうでしょう。

そこで簡単にできておいしい、ちょっと目先の変わったうどんのレシピを3つご紹介します。

スプラウトの色も食欲をそそる。うま味が麺に絡む「納豆卵かけうどん」

nattou_udon
Photo: 大崎えりや

▼材料

冷凍うどん……1玉

ブロッコリースプラウト……1パック

納豆……1パック

納豆の付属のタレ……1つ

卵……1個

醤油……適量

オリーブオイル……小さじ1と1/2

▼作り方

STEP1.

ブロッコリースプラウトは2cmくらいの長さに切る。飾り用に少し残して、そのほかをボウルに入れる。

STEP2.

1のボウルに納豆、付属のタレ、卵、醤油、オリーブオイルを入れてよく混ぜあわせる。

STEP3.

ボウルに、パッケージに記載されている手順通りにレンジで解凍したうどんを入れ、よくあえて皿に盛りつける。

STEP4.

飾りのスプラウトを添えて、できあがり。

卵の黄色にブロッコリースプラウトの緑が映える、彩りの良い一品。うどんに卵と納豆がよく絡み、サラッとしてとても食べやすいです。ブロッコリースプラウトの爽やかな香りが鼻に抜け、清涼感も感じられます。

さらに、お好みで粗挽き黒コショウをふると、いっそう味が引き締まります。

ピリ辛があとを引く。「ラー油あえうどん」

rayu_udon
Photo: 大崎えりや

▼材料

冷凍うどん……1玉

ラー油……小さじ1と1/2

ポン酢……大さじ1弱

鳥がらスープの素……小さじ1/6

チューブにんにく……小さじ1/4

パクチー……適量

▼作り方

STEP1.

うどんとパクチー以外の材料をボウルに入れ、よく混ぜあわせる。

STEP2.

パッケージに記載されている手順通りにレンジで解凍したうどんを入れ、よくあえる。

STEP3.

皿に盛り付けて、パクチーを添えてできあがり。

赤い麺に添えたパクチーの緑と、色の対比が鮮やか。視覚的に食欲をそそられる一品です。口に含むと、けっこうな辛さで、ピリッと舌を刺激します。辛いのが苦手な人は、ラー油の分量を減らしたほうがいいかもしれません。とはいえ、あとを引く辛さとなっていて、ビールとの相性が良さそうです。

あれば中国山椒である花椒の粉花椒の油を入れると、よりいっそう本格的な味に。なくても十分おいしいので、まずはレシピ通りでお試しください。

とろける見た目も間違いのないおいしさ。「味噌バターラーメン風うどん」

ramen_udon
Photo: 大崎えりや

▼材料

冷凍うどん……1玉

バター……10g

冷凍コーン……大さじ3

味噌……小さじ2

めんつゆ……大さじ

チューブ生姜……少々

チューブにんにく……少々

粗挽き黒コショウ……適量

ラー油……適量

水……200ml

▼作り方

STEP1.

うどんとバター以外の材料を鍋に入れて、加熱する。

STEP2.

冷凍うどんは、パッケージに記載されている手順通りにレンジで解凍する。

STEP3.

どんぶりに入れて、1のスープをかけ、バターをのせてできあがり。

味噌バターコーンの組み合わせは、定番かつ鉄板。おいしくならないはずがありません。バターがゆっくりと溶けていく様子にも食欲がかきたてられます。

濃厚でまろやかなスープに、生姜やにんにくの風味、粗挽き黒コショウのピリッとしたアクセントが加わって、病みつきになる味に仕上がります。

冷凍うどんを使うときの注意点

冷凍うどんは、商品によって解凍方法が異なります。なので、必ずパッケージに記載されている手順を確認してから調理しましょう。

どのレシピも簡単なので、お酒を飲んだあとにもう少し食べたいとき、朝の時間のないときなどに作ってもいいかもしれません。

お腹を満たしながらカラダも温めて、まだしばらく続く寒さに立ち向かっていきましょう。

レシピ・文オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)など。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。2015年9月11日には新刊『スティックオープンサンドの本』を出版。

あわせて読みたい

包丁要らずでお店の味に「完全栄養食 BASE PASTAのつけ麺」

Photo: 大崎えりや

オガワチエコ

swiper-button-prev
swiper-button-next