特集
カテゴリー
タグ
メディア

糖尿病にならないために、今日から実践できる生活習慣4つ

MYLOHAS

糖尿病にならないために、今日から実践できる生活習慣4つ
Image: Shutterstock.com

糖尿病の中でももっとも一般的なのが「2型糖尿病。長い期間にわたって血糖値(血中ブドウ糖)が高い状態が続いてしまう病気です。この2型糖尿病の原因や症状、治療、合併症のことなど、知っておきたいことすべてを医師に聞きました

基礎知識編原因・症状編診断・治療編

2型糖尿病の予防方法とは?

shutterstock_259002191
Image: Shutterstock.com

2型糖尿病は、遺伝があったとしても、基本的な生活習慣で発病を防ぐことができます。

糖尿病予防プログラム(アメリカ国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所による助成を受けている)に参加した人は、対照となる人々と比べると、3年間で2型糖尿病のリスクが58%減ることがわかっています(※1)。

このプログラムのゴールは、体重を減らすこと。そのため参加者はカロリーを減らし、運動するのです。同じやり方をすれば、糖尿病のリスクを減らせます。

糖尿病を防ぐために取り入れたい生活習慣は、以下。

1. カロリーを減らす

shutterstock_1011447838
Image: Shutterstock.com

カロリー制限だけに取り組んでも、糖尿病に対してすぐに大きな効果が現れるのです。カロリーを減らすだけで、身体はよりインスリンを作れるようになり、インスリンに反応しやすくなります」と話すのは、メイヨー・クリニック内分泌学研究所所長で、糖尿病内科医のアドリアン・ベラさん(医学博士)(※2)

「前糖尿病(糖尿病予備群)の場合にも効果的です」。どの方法が一番、ということではなく、続けられる食事をすることが大事。「最終的には、カロリーが切り札なのです」とベラさん。

2. 減量する(必要な場合)

shutterstock_151764311
Image: Shutterstock.com

糖尿病予防プログラムの15年間のフォローアップによると、5~7%の減量が、糖尿病の発症を遅らせたり予防したりするといわれています。

3. 運動する

1週間のうち少なくとも5日は、30分の運動をします。

4. 定期的な検査をする

shutterstock_428706115
Adrian Vella, MD, head of Mayo Clinic endocrinology research
Image: Shutterstock.com

2型糖尿病は自覚症状なく進行する可能性があるので、45歳になったら定期的に血糖値検査をすること。遺伝の可能性があれば、すぐにでも検査を受けることをすすめます。

※1 National Center for Biotechnology Information ※2 Mayo Clinic

Brittany Risher/Type 2 Diabetes: Every Important Fact to Know About Causes, Symptoms, and Treatments

マイロハスより転載(2018.12.21公開記事)

あわせて読みたい

40〜70代まで世代別にベストな健康法とは? 心臓、骨、目を健康に保つプラン

家族に糖尿病の人がいたら早めに検査すべき。糖尿病の診断法&治療法4


訳: STELLA MEDIX Ltd.

swiper-button-prev
swiper-button-next