特集
カテゴリー
タグ
メディア

理想のリーダー論。部下が付いていきたい上司はどんな人?

理想のリーダー論。部下が付いていきたい上司はどんな人?
Image: marvent/ Shutterstock

すべてのマネジメント職の皆さん。あなたは良い上司だと思いますか?部下から信頼されていますか?

世代間でのすれ違いが起こったり、何げなく言った一言で「パワハラだ」「セクハラだ」と言われてしまう時代でもあります。

そんな時代にマッチしたマネジメント術、リーダーのあり方についてまとめてみました。

1. 上司の常識は、部下にとっての非常識

こんな上司だと部下が絶望する6パターン

2. 素晴らしい上司と最悪な上司の違い

最悪な上司に共通する10の特徴

3. 思考停止な職場を生み出す上司の言葉

部下の創造性を潰す「上司の一言」とは?

4. 良い上司は若者を上手に使う

若者から学ぶ柔軟な上司になるための「リバースメンタリング」とは

5. 「この上司がいてよかった」と思われる人の特徴

部下をやる気にさせるために必要なこと

6. 強いリーダーは開放的、弱いリーダーは閉鎖的

人を惹きつけ、チームを強くする。 リーダーが弱さを見せる4つのメリット

7. 優秀なリーダーかどうかの決め手は”コミュニケーション”

優れたリーダーが実践している8つのコミュニケーション術

8. 「権力を持つことは怖いこと」であると理解する

これからリーダーになる人へ。「共感する気持ち」を忘れないでください

9. できる人は、何事でもきちんと実績をあげる

5年後にリーダーになる人と、部下のままの人の違いとは?


上下の関係もさまざま。時には部下が年上、なんてこともあるかもしれません。そんな悩みの種となるトピックのヒントに、ぜひご活用ください。

Image: marvent/ Shutterstock

ライフハッカー[日本版]編集部 露原

swiper-button-prev
swiper-button-next