連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

実はCEO向き?内向的な人に適した5つの職業

MYLOHAS

実はCEO向き?内向的な人に適した5つの職業
Image: MYLOHAS

会社の同僚たちを見て、「似たような人ばかりが集まっているな」と感じたことはありませんか。

そう感じるのには、科学的な根拠があるのかも。職種によって適した人柄があるといえそうです。

1960年代、心理学者ジョン・ホランドが、パーソナリティ(性格)を6つの職種タイプに分類した図式を作成しました。

これは「ホランドの六角形」と呼ばれており、現実的、研究的、企業的、慣習的、芸術的、社会的の6つの特徴に分けられています

「職種と性格タイプの類似性が、距離で表現されています」とペンシルベニア州立大学の心理学名誉教授、ジョン・A・ジョンソン博士は話します。

つまり、性格が似ていればこの六角形上でも距離が近く、真逆であれば六角形上でも反対側に位置づけられる、ということです。

日々の過ごし方にも、あなたの性格は少なからず関係していますよね。

結局のところ、外向的な人と内向的な人では、エネルギーの源が違うんです。外向的な人の場合は周りの人から、内向的な人は1人で過ごす時間からエネルギーをもらいますし、それぞれ活躍できる場所は異なります。

両方の性格を持ち合わせた、両向型という方もいるでしょう。

では、内向的な人に合った職種とは一体どういったものなのでしょう?

ホランドの六角形は、あなたに合ったキャリアパスを見つけるひとつの方法にすぎません。ほかにもさまざまな研究や専門家が存在するので、あなたの性格を活かせる魅力的な仕事はたくさんありますよ。

今回は、内向的な人におすすめの仕事を厳選してご紹介します。

1. 建築家・建設業者

801
Image: MYLOHAS

ホランドの六角形の話に戻ります。

「研究により、最も内向的なのは“現実的”タイプと“研究的”タイプであることがわかっています」とジョンソン博士。

現実的タイプは道具や機械を使って何かを作り上げる身体的活動を好むので、プロジェクト達成に手と頭を使う仕事に向いています、とジョンソン博士は言います。

現実的タイプの内向型で、バンドのリードボーカルをする人はなかなかいませんが、別の形で人と一緒に仕事をしている人はいます。「このタイプの人は、身体的スキルを重要視します」とジョンソン博士。

「見て触れられる、実用的で役に立つものに価値を感じるんです」

2. フリーランサー

ひとりで黙々とプロジェクト設計や1万字の原稿作成をするのは、外向的な人にとっては苦痛でしかありませんが、内向的な人ならひとりの時間でエネルギーを充電しつつ、活き活きと過ごすことができるでしょう。

そのため、内向的な人は経理、エンジニア、ライター、トラックドライバーなど、ひとりで行うことの多い仕事に惹かれる傾向があります

ある研究では、コンピュータ関連の仕事に就いている人の3分の2が内向型である、という結果も出ています。

3. 獣医師・庭師

802
Image: MYLOHAS

内向的な人は「人」を相手にするのは得意でないかもしれませんが、植物や動物相手の仕事に就いている人はたくさんいます、とジョンソン博士。

現実的タイプの内向型は、屋外で働く仕事も好みます、とのこと。

4. 科学者・数学者・財務顧問

研究的タイプの内向型には、科学研究好きの方が多いです、とジョンソン博士。

「彼らが大切にするのは、数学スキルや問題の分析・解決能力です。世の中の科学的知識を深めることに意義を感じます」

科学や数学を追及する研究職やプログラミング職なら、ほかの人との接触も少なく、独りでの作業が多いので、内向的な人には魅力的でしょう、とノースウェスタンのワインバーグ芸術科学大学のパーソナリティ・健康分野の分野長、ダニエル・ムロチェック博士は言います。

5. 社長・CEO

803
Image: MYLOHAS

外向的でカリスマ性のある大胆な人こそ、トップにふさわしいと思われていますが、必ずしもそうとは限りません

CEOゲノム・プロジェクトと呼ばれる10年にわたる研究で1万7千人の経営幹部を調査したところ、取締役会や投資家の期待を上まわる働きをした人は、内向的な人の方が外向的な人より、やや多いことがわかりました。

内向的なリーダーは、強迫観念で人を動かすのではなく、話をじっくり聞き相手の提案を受け入れる傾向が強いため、外向的なリーダーよりもこの役職に適していると主張する研究者もいます。

重要な役職に就いてみたい?

大切なのは、パーソナリティタイプよりもソーシャルスキルです。

外向的な人の方が有利です。内向的な人よりもリーダー的ポジションを任される可能性が高いでしょう」とクレアモント・マッケナ大学でリーダーシップと組織心理学を教えるロナルド・リッジオ博士は言います。

「ですが、最終的な決定要素はソーシャルスキルです。ソーシャルスキルのある内向的な人とソーシャルスキルのある外向的な人なら、どちらも同じくらいリーダー的ポジションに適している言えるでしょう」。

人前で話す練習をする、雑談力を極める、人脈づくりに励むなど、本格的にポジションを勝ち取るための行動をさっそく始めてみては?

Source: Cassie Shortsleeve/The Best Jobs for Introverts, According to Psychologists

マイロハスより転載(2019.01.09)

あわせて読みたい

やりたいことは、1人でもはじめることが大事

特別なスキルは必要ない。「自分の強み」を仕事に活かす3つのヒント

訳: Seina Ozawa

swiper-button-prev
swiper-button-next