特集
カテゴリー
タグ
メディア

もはやインテリア。コーヒーがすぐ淹れられるバルミューダの電気ケトル

roomie

もはやインテリア。コーヒーがすぐ淹れられるバルミューダの電気ケトル

ROOMIEより転載:部屋の取材でシャレたお家にいくと、鎮座ましますバルミューダ。

中でも電気ケトル「BALMUDA The Pot」の頻出率たるや!

…ってことで、前から気になってたので買っちゃいました。

高級感あるカタチに惹かれて

601

まず目立つのがその曲線! 女性的な曲線のラインが、ぽってりしていて愛らしいのよ…。

加えて本体部分は黒塗りのステンレスだから、しっかりした高級感を醸してきます。

置くだけでリビング・ダイニングが引き締まる

602

容量600ml。コーヒー3杯、カップヌードル2杯分。なので、場所を取りません。なのに、な〜のに、置くだけで空間がキュッとしまる!以前も電気ケトルを使っていたんですが、絵にならないので、いつもキッチンに幽閉してましたね。

でも、コイツに変えてからは常に、リビング・ダイニングの影の引き立て役というワケです。

ストレスなく沸く

603

測ってみたら、600mlで2分50秒。沸騰時間はあまり差が出ませんが、ノーストレスなのはいいところ。加えてグースネックのノズルから出る流速がコントローラブルで心地いい。ホント狙ったとこに出る。悲しいかなコーヒーが苦手なので紅茶しか飲んでないのですが、ドリップとかしやすいんだろうなぁ…。

残念なところ:湯量の線が見づらい

604

持ち手側にあるんですよね、線。水を注ぐ時、わざわざ利き手と反対の手に持ち替えないと見えづらいのがなぁ…。

605

税込11,800円と良い値段するので、こういう小っちゃい部分は地味に気になる。どうかこっち側につけてくれ〜。

灯台のようなネオンの明かり

606

個人的に一番のお気に入りがココ。電源ランプがネオンなんです。

夜…1人暮らしの家に疲れて帰ってきて、仄暗いキッチンに、ポワンと明かりが灯る…。

温かみのあるネオンは心を落ち着け、日々を癒してくれるのです。特に土日は1日5回くらい沸かすので、その度に気持ちがいいのは嬉しいところ。

だけどなにより、出しっぱなしでもインテリアとしてキマることが、ぼくは一番嬉しいんですけどね。

Image: 野田 翔

Source: BALMUDA The Pot, バルミューダ

あわせて読みたい

世界のお茶好きを満足させた、茶葉によってベストな抽出をして保温もできるティーサーバー【今日のライフハックツール】

コーヒードリップもそのままOK。無印良品「ステンレスタンブラー」が万能すぎる|マイ定番スタイル | ROOMIE(ルーミー)

コールマンのポットは手軽で高クオリティ。キャンプの朝を思い出すよ…|アウトドアな家暮らし | ROOMIE(ルーミー)

野田 翔

swiper-button-prev
swiper-button-next